シャープの「ロボホン」が東広島市で観光案内 日英中の3ヶ国語で

11月6日、東広島市とシャープ株式会社は、東広島市観光案内所(JR西条駅2階)において、シャープのモバイル型コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用した観光案内サービスが開始することを発表した。

東広島市が実施するIoT活用による産業振興施策において、「コミュニケーションロボットを観光振興施策に活かそう」というプログラムが開始され、その中でロボホンが選ばれた。

ロボホンが行う業務は、近年増加している外国人観光客に向けて、多言語で東広島の観光地や特産品について音声で案内を行い、東広島市内における周遊の促進を行うというもの。言語は「日本語」「英語」「中国語(簡体)」に対応し、話しかけられた挨拶に合わせて言語を自動で切り替えを行う。タブレット端末が接続されているので、写真や動画を用いて説明することもできる。

今回の施策では、観光案内サービスの他にも、観光博覧会といった展示会等の会場にも設置され、東広島市のPRの一環としても活用される。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム