乾電池で3kmの遠泳に成功! パナソニックの「エボルタNEOくん」がギネス記録に

パナソニックは、11月10日(土)、乾電池「エボルタNEO」の長もち性能の実証実験として単3形乾電池を動力としたロボット「エボルタNEOくん」による世界最長距離の遠泳にチャレンジ。見事約3㎞の距離を泳ぎきり、ギネス世界記録を達成したことを発表した。

これは、広島県の宮島口から厳島神社の大鳥居までの約3kmを遠泳するというチャレンジ。「単3形乾電池を使用してロボットが1度に泳いだ距離」として3.002kmがギネス記録に認定された。所要時間は3時間22分34秒で、「動力の乾電池は挑戦の途中で交換してはならない」「ロボットはスクリューで推進してはならない」「挑戦中にロボットの部品交換または修理はできない」という条件をクリアした。

ロボット・エボルタNEOくんの身長は約17cmで、エボルタNEOくんが乗っている木製のサーフボードの長さは約35cm。サーフィン時のパドリングのように、寝そべって両腕を回転させ、それを推進力として約3kmを泳ぎきった。

エボルタNEOの頭には赤外線センサーが搭載されており、開発者でロボットクリエイターの高橋智隆氏が先導するカヤックを追従する形で泳いだ。


この模様はYouTubeで生放送され、そこにはエボルタNEOが必死に泳ぐ映像が収められている。

Source:パナソニック

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム