リコーの複合機が「Alexa for Business」で音声操作可能に 2019年夏より米国で

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社(AWS)は、株式会社リコーの複合機を音声で操作することが可能になる音声操作サービス「RICOH Intelligent Voice Control」にAlexa for Businessが採用されたことを発表した。この音声操作サービスは2019年夏に米国で発売予定のもの。

Alexa for Businessは、組織や従業員がAlexaをアシスタントとして使用し、業務の生産性を高めることができるAWSのサービス。会議機器および会議ソリューションと連携することで、声で会議室を探したり、会議室を予約したり、電話会議を開始したりすることができる。また、自身のスケジュールやto-doリストの管理、リマインダーの設定も可能だ。

Alexa for Business(英語)

オフィス環境におけるテクノロジーの活用が進む中で、直感的に操作可能なオフィス機器へのニーズが高まっている。リコーの複合機の利用者は音声操作サービス「RICOH Intelligent Voice Control」を活用することで、Amazon Alexa対応のスマートスピーカーを通じて、複合機のコピーやスキャナーなどの機能を音声で操作することが可能になる。

リコーは、Alexa for Businessの利用可能なリージョン(地方・地域・地帯・地区)の拡張に応じた米国以外へのサービス展開や、利用者がアウトプットイメージのみをスマートスピーカーに音声で伝えることで全ての設定を反映することができる機能の実現、同音声操作サービスに対応するオフィス機器のラインナップ拡充などを予定しているという。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム