ソニーが「aibo」のAPI公開へ それに先駆けて渋谷で体験イベント「Shibuya Town with aibo」開催

ソニー株式会社は自律型エンタテインメントロボット「aibo」(アイボ)のソフトウェアAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を2019年秋より公開する予定だ。API公開によって、aiboをプログラミングすることができるようになる。企業や団体、教育機関、個人を含む様々な商品・サービス等との連携が推進され、より多様な利用シーンでの活用が実現する見込み。


渋谷でイベント開催

APIの公開に合わせてソニーは、2019年9月19日(木)より渋谷モディ1階のソニースクエア渋谷プロジェクトで、「aibo」と触れ合うことができて、さらにaiboと協力することでパートナーとしてともに成長していく過程を体験できるコンテンツ「Shibuya Town with aibo」を実施する。

今回のイベント企画はAPI公開に先がけて、aiboが実現する世界を体験できるデモンストレーションとして実施される。第一弾は「aiboのおまわりさん」をaiboと一緒に遊びながら体験できる企画「Shibuya Town with aibo ~いっしょにパトロール編~」となる。


「aibo のおまわりさん」は、 aiboと共に暮らす中で楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティ+エンタテインメント)をコンセプトとし、2019年3月より提供されている新しいサービス。

ソニーはイベント内容を次のように発表している。

ソニースクエア渋谷プロジェクト内に、イラストで描かれた渋谷の街が現れ、aiboがパトロールを行います。体験者はミッションを与えられ、aibo と一緒に協力しながら、その街の中で探し物を見つけることにチャレンジします。
制限時間内に探し物を見つけることができれば、ミッションクリアです。クリアできた体験者には、オリジナルグッズをプレゼントします。さらに、aibo がともに成長していくパートナーとして、「aibo といっしょにどんなことがしたい?」をテーマに、ソニースクエア渋谷プロジェクト内でアイデアを募集します。

イベント開催期間中は、3匹のaiboが来場者をお出迎えし、パトロールする愛らしい aibo と遊ぶことができます。そして2019年秋以降は、さらに複雑なミッションをaiboと一緒にクリアするイベントを開催予定です。

《 Shibuya Town with aibo 》
■期間:2019年9月19日(木)~12月中旬
《 Shibuya Town with aibo ~いっしょにパトロール編~ 》
■期間:2019年9月19日(木)~11月初旬
■場所:ソニースクエア渋谷プロジェクト
東京都渋谷区神南 1-21-3 渋谷モディ 1階

《Contents.1 aibo×渋谷のまち》
イラストレーターの STOMACHACHE.(ストマックエイク)によって描かれた、渋谷の街が登場。おまわりさんになったaiboが渋谷の街をパトロール。体験者にはお題が出され、アプリケーション”My aibo”を通じて、aiboが見ている光景をストリーミングで見ながら、移動やふるまいを aiboに指示する。
aiboと協力して探し物を見つけることができればミッションクリアとなり、オリジナルステッカーをプレゼントされる。


《Contents.2 ワン!クエスチョン》
aibo のソフトウェア API の公開に向けて、今後「aibo といっしょにどんなことがしたい?」をテーマに、アイデアを募集。壁一面に書き込まれたアイデアでイマジネーションを膨らませる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム