アウディが自動運転に対するイメージ調査の結果を公開「中国人、若者、高所得者が自動運転に積極的」

アウディは、自動運転に懐疑的なドライバーからハイテクに精通した乗員に至る、幅広い人々を対象としたオンライン調査「The Pulse of Autonomous Driving」(自動運転の脈動)を活用して自動運転に対するユーザータイポロジー(ユーザー類型学)を作成し、2019年9月25日に発表した。

2015年以来、同社は、自動運転が社会にどのように受け入れられるのかについて調査を行っており、「&Audi」イニシアチブにおけるこの研究では、理にかなった議論、感情、価値観、ライフスタイルによって、自動運転に対する考え方がどのように形成されるのかを調査している。
その結果、「自動運転に対するイメージ」「ヒューマンレディネスインデックス(HRI)」(新技術の受け入れ準備指数)、そして「ユーザータイポロジー」から構成される3つの重要な指標が導き出された。


人々は自動運転に対し高い関心を示しつつも懸念を表明

「自動運転に対するイメージ」は、人によって千差万別だが、自動運転に対しては、高い関心(82%)と好奇心(62%)が示されている。
より身近なモビリティの実現(76%)、利便性の向上(72%)、安全性の向上(59%)といった数値と、回答者の半数以上が自動運転を実際に試してみたいと考えている結果より、新しいテクノロジーに関して、回答者は個人および社会に貢献できる可能性を認識しているといえる。
その一方で、車両のコントロールの喪失(70%)、避けられないリスク(66%)などの明確な懸念事項の存在もあり、回答者の41%がテクノロジーに懐疑的で、約3分の1(38%)が不安を表明している。
また、最も多くの人が自動運転に恩恵を感じる状況は、高速道路の渋滞時および自動駐車機能だ。自動運転の知識レベルはまだ低く、自動運転に関して説明できると回答した人は、わずか8%に留まった。




中国人、若者、高所得者は自動運転に積極的

「ヒューマンレディネスインデックス(HRI)」は、社会人口統計学的に見た自動運転に対する考え方の洞察を提供している。その結果、回答者が若く、教育と収入のレベルが高いほど、自動運転に対する態度が前向きであることが判明。
調査した国の間でも違いが明確になっていて、自動運転車を利用するための知識・関心・感情・準備といった項目を組み合わせて、「-10」〜「+10」の数値指標を生成したところ、中国人(HRI +5.1)は自動運転を積極的に受け入れる傾向にあり、韓国人(HRI +1.2)もテクノロジーに対する肯定的な見方で平均を上回っている。
ヨーロッパでは、スペイン人とイタリア人(共にHRI +0.7)がこの指標で高い数値を示し、ドイツ人とフランス人(共にHRI -0.7)は消極的な傾向だ。これはアメリカ人や日本人、イギリス人(すべてHRI -0.9)も同様であるとの結果となった。




自動運転に対する考え方はライフスタイルに関連

人々の生活の中における自動運転に対する考え方を調査した結果、「ユーザータイポロジー」には大きな違いが存在することが判明。この分析の結果、5種類のユーザータイプが導き出された。
「懐疑的なドライバー」タイプは、現状を維持することを好み、テクノロジーが完全に確立された場合にのみ、自動運転車を利用する。また、「安全志向で消極的なドライバー」タイプも、自動運転に対してはかなり消極的な考え方を持っており、彼らは、自動運転車は何年もテストを繰り返してから実際の路上で許可されるべきであると考えている。
「オープンマインドな副操縦士」タイプは、テクノロジーの利点を理解しながらも、ビジネス・科学・政治の分野で自動車を安全に走らせるための対策を望んでいる。「ステータス志向のトレンドセッター」タイプは、進歩的なライフスタイルを示すことができるため、自動運転に積極的だ。
他にも、「ハイテク技術に精通した乗員」タイプは、テクノロジーを信頼しそれが全面的に導入されることを望んでいるといえる。

アウディ 自動運転責任者 トーマス ミュラー氏

自動運転および自律運転は、モビリティを大幅に向上させる可能性があります。その道筋においては、テクノロジーの開発と平行して、人々に納得してもらうことが決定的に重要です。今回の研究によって、自動運転に関する人々の立場の違いや、社会において新しいテクノロジーに対する適切な期待感をどのように確立できるかについて、明確に差別化された洞察を得ることができました。


調査の概要

同社は、市場調査機関のイプソス(Ipsos)と協力して、3大陸9か国(中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、韓国、スペイン、英国、米国)の21,000人にインタビューを実施。
その結果、自動運転に対する考え方がライフタイルとどのように関連しているのか「ステータス志向のトレンドセッター」タイプ、「ハイテク技術に精通した乗員」タイプ、「懐疑的なドライバー」タイプ、「安全志向で消極的なドライバー」タイプ、「オープンマインドな副操縦士」タイプの5つのユーザータイプで示すことができた。
また、中国人や若者、高所得者は、自動運転に対して前向きな考え方を持ち、積極的に知識を吸収する傾向にあることが判明した。

オックスフォード大学の哲学および情報倫理学の教授兼デジタル倫理研究所のディレクターであり、「&Audi」イニシアチブの科学ネットワーク会員であるDr. ルチアーノ フロリディは、次のように述べている。

Dr. ルチアーノ フロリディ氏

この研究は、自動運転という社会現象に関する知識を深める以上の価値を持っています。これは、政策および法律制定の決定にとって必要なステップです。同時に、幅広い情報に基づいた、より良い世界を積極的に構築することを目的とした、研究開発および事業戦略にとっても重要な意味を持っています。


「The Pulse of Autonomous Driving」研究詳細(英語)
https://www.audi.com/pulse-of-autonomous-driving





関連サイト
Audi Japan Press Center

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム