世界最小クラスのドローンを図書館で活用 船橋市・西図書館が「IBIS」(アイビス)と「AI蔵書点検システム」を試験導入

ドローンで図書館の蔵書点検の無人化を目指す。

株式会社 Liberawareは、千葉県船橋市・西図書館に、京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下 KCCS)の「AI 蔵書点検システム」を試験導入する。このシステムでは、特殊小型ドローン「IBIS」が自動飛行して、蔵書を撮影して「AI 蔵書点検システム」と連携する検証も行うという。以下は同社のプレスリリースより。(Liberawareはリベラウェアと読む。以下 Liberawareと表記)



図書館における蔵書点検業務の負荷軽減へ

現状の図書館における蔵書点検は、全資料を専用の機器で 1 点ずつ読み取り、図書館システム上の蔵書データと照合するため業務負荷が高い業務となっています。(※1)

船橋市は、AIの積極的な活用に取り組んでおり、公民館図書室における蔵書点検業務の負荷軽減・効率化を目指し、KCCSと共に船橋市西図書館に「AI蔵書点検システム」の環境を構築し、2020 年 3 月 12 日から試験導入を開始します。今回、書架一面の撮影には、タブレット端末を用いた手動撮影に加え、Liberawareの特殊小型ドローン「IBIS」による自動撮影を試験的に行い、無人化も目指します。


無人化にあたり、多くの自動撮影が可能な自動飛行ドローンは、大きいサイズ(200g以上)のものが多く、図書館内で飛行するサイズとしては、張り紙や本等の設備への影響から現実的ではありませんでした。しかしながら、手のひらサイズの小型ドローンを唯一提供している弊社ドローン「IBIS」は、設備への影響リスクが最小限であることから、共同で検証を行うこととなりました。(※2)

■「AI蔵書点検システム」試験導入の概要
試験導入期間:2020年3月12日~2021年3月31日
試験導入図書館:船橋市西図書館

(※1)船橋市では、すでに蔵書に IC タグ(RFID)を貼付し、図書館においては RFID 読み取り機器を使用した蔵書点検を実施しています。しかし各地域の公民館図書室では、蔵書をバーコードで1点ずつ読み取る方法で蔵書点検を行っています。

(※2)KCCSが提供するAI蔵書点検システムと「IBIS」は、現時点では標準でのシステム連携はしておりません。


自動巡回型小型ドローン「IBIS」(アイビス)とは

「自動巡回型小型ドローン「IBIS]」は、あらかじめプログラミングしたルートどおりに自動飛行を行う世界最小クラスの産業用小型ドローンです。弊社では、自動巡回型小型ドローンと共に、自動充電装置やドローン監視システム等のハードからソフトまで開発・製造を行い、一気通貫のサービスを提供することで、企業の巡回業務における生産性向上に寄与したいと考えています。屋内警備や設備点検の他、倉庫内における在庫管理業務にも導入検討が進められ、現場の作業員の省人化・省力化に伴いセキュリティ面・安全性の向上や業務の効率化が見込まれ、スマート化された施設設備を実現します。

【主な仕様】
◇サイズ:190×180×50mm(プロペラガード込み)
◇重量:190g(バッテリ込み)
◇飛行時間:最大9分間
◇装備類:自動飛行ユニット、FullHDカメラ、LED照明、防塵用モーター 他
<自動巡回型小型ドローン「IBIS]>


「AI 蔵書点検システム」について

「AI 蔵書点検システム」は、KCCS が提供する公共図書館システム「ELCIELO」 と画像解析 AI を組み合わせたシステムです。図書館の書架一面を撮影し、撮影した棚の背表紙データと、「ELCIELO」に登録されたその棚の範囲の蔵書データを画像解析 AI に取り込み、マッチング分析し、蔵書点検を行います。これにより手作業で1点ずつ点検することなく、棚単位でまとめて蔵書点検を行うことが可能になります。


公共図書館システム「ELCIELO」について

URL: https://www.kccs.co.jp/ict/service/elcielo/
※製品の仕様・サービスの内容は予告なく変更される場合があります。
※製品名・サービス名および会社名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
※このAI 蔵書点検システムは特許出願中となります。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター
ロボライター

記事を自動生成するロボット。PRTIMESと連携して頑張ります!

PR

連載・コラム