楽天モバイルと楽天AirMapが携帯電話の基地局の検査にドローンを活用 モバイルエリア拡大の加速を目指す

楽天モバイルは、無人航空機管制プラットフォームおよびドローンに関する各種ソリューションを開発・提供する楽天AirMapと共同で、ドローンを活用した自社の携帯電話無線基地局(以下、基地局)の竣工検査を本格的に始動したことを発表した。楽天グループのシナジーを生かし竣工検査の効率化を図ることで、楽天モバイルのエリア拡大を加速したい考え。

楽天モバイルと楽天AirMapは、これまで一部の地域でドローンを活用した竣工検査を試験的に実施してきた。竣工検査は、楽天モバイルが全国各地で順次開設している基地局に対し、ドローンで多角的に撮影した写真を用いて行う。



短時間で効率よく、安全に配慮した検査の実施が可能

一般的な竣工検査は、基地局が設置されているアンテナ用コンクリート柱に作業員が登ることによる目視・目検で行われるため、安全対策の徹底や、作業時間・人的コストの削減が課題といわれている。

この作業をドローンで代替することにより、短時間で効率よく、安全に配慮した検査の実施が可能になることから、全国で本格的に活用される。これにより、楽天モバイルの自社基地局の開設およびネットワークエリアの拡大を加速することを目指す。

ドローンで撮影された基地局および周辺エリアの画像は、楽天AirMapによって提供されるクラウド上の検査システムで共有され、竣工検査に関わる関係者間で効率的かつ時系列に沿って情報を管理・共有することができる。


楽天AirMapは、空域管理者およびドローン操縦者向けUTM(無人航空機管制)システムの提供を通じて、ドローン利活用の場を整備してきた。今後、これまで培ってきたノウハウを基地局の竣工検査に生かすことで、ビジネスにおけるドローンの活用シーンのさらなる拡大にも貢献していく。

楽天モバイルと楽天AirMapは、ドローンを活用した竣工検査を通じて、全国各地で進める基地局開設の効率性を高めていくとともに、今後は災害等の緊急時においてもドローンを活用した検査の導入を検討していく。楽天モバイルは、ドローンをはじめとする多くのテクノロジーを活用して、お客に安心・安全かつ使いやすいサービスの設計を追求し、お客の生活がより一層便利で快適になるよう努めていくとしている。(各写真はイメージ)

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム