5GとARスマートグラス活用の遠隔作業支援システム「AceReal for docomo」発売 ドコモとサン電子 遠隔から現場作業を支援

NTTドコモとサン電子は、ARスマートグラスと5Gネットワークを用いて、リモート環境から現場に的確な指示を出せる遠隔作業支援ソリューション「AceReal® for docomo」を、2020年7月13日から法人顧客向けに提供開始した。

「AceReal for docomo」は、ARスマートグラス、業務支援アプリケーション、サポートサービス、「クラウドダイレクト」がセットになったソリューション。遠隔からの現場作業を支援することができる。
現場作業者がARスマートグラスを装着すると、現場作業者の見ている映像や音声を遠隔支援者にリアルタイムに伝送することができる。これによって熟練者や管理者(支援者)が現場の状況にあわせて適宜、指示を送ったりアドバイスすることができる。

また更に、ドコモのネットワーク内に設置したクラウド基盤「ドコモオープンイノベーションクラウド」上にある業務支援アプリケーション「AceReal Apps」を活用することで、支援者は現場作業者が必要とするマニュアルや、作業指示を書いた現場画像等をARスマートグラス上に表示させることもできる。

システム構成




点検整備やメンテナンス業務に

利用シーンは、主に製造業における製品の保守メンテナンス業務や、電気・ガスなどインフラ業における設備点検業務、農業におけるベテラン農家から新人農家へのノウハウ伝達などを想定している。
このような業務では、これまでベテランの作業者がスキルを伝達する相手と現場に同行して指導することが多かったが、「AceReal for docomo」を活用することで、業務の効率化や出張コストの削減できる。人手不足の課題(教育期間の不足)や、新型コロナウイルス感染症対策にも有効と考えられる。

さらに、「AceReal for docomo」は、「クラウドダイレクト」に対応した通信回線やARスマートグラスの初期設定、導入後のサポートなどもワンパッケージで提供。セキュアかつ低遅延にサービスを利用できるため、安心して導入できる、としている。




特長

現場作業員が装着したARスマートグラスと支援者側のPCで映像と音声をリアルタイム中継。
支援者はPCからマニュアルや画像などをARスマートグラスに表示が可能。
ドコモの5Gを使い、クラウド基盤に直結する「クラウドダイレクト」の利用で、より高セキュリティかつ低遅延を実現。
ARスマートグラスの設定はドコモで実施し、顧客は手軽に始められてサポートも充実。


【AceReal Appsの主な機能】
ビデオ通話
マニュアル表示
チェックリスト機能
支援者側からのファイル送信
作業映像の録画、再生
現場画像の加工編集など



利用料金

初期費用:3千円~
月額費用:3万円前後~
お客さまにご利用方法を伺い、料金および提供条件を提案。

申込み方法
全国のドコモ法人営業担当者
「ドコモのホームページ 法人のお客さま」問い合わせページ
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム