ロボットが作るクレープ、モリロボの「クレープロボットQ」をサーティワンが実験導入!イクスピアリ店で稼働開始

株式会社モリロボが企画、製造、販売する「クレープロボットQ」を、B-R サーティワンアイスクリーム株式会社が運営するサーティワンアイスクリームの「イクスピアリ店」(千葉県浦安市)に納⼊、同店で2020年7⽉9⽇(⽊)から試験導入を開始した。

1300種類以上のフレーバーの中から、季節に合わせて31種類を取りそろえるアイスクリーム専門ショップ サーティワン アイスクリームでは、アイスクリームの他、クレープやアイスクリームクレープを取扱っており、クレープ⽣地を焼くための訓練を要していた。今回、クレープロボットQを導⼊することで、訓練期間の削減だけでなく、⼈によるバラつきの解消、上⼿くクレープ⽣地を焼くこと ができずに悩むことが多い現場スタッフやアルバイトの精神的な負担軽減が期待できる。 イクスピアリ店での試験導⼊を踏まえ、今後の展開を検討していくとのことだ。


クレープロボットQとは

ボタンひとつで調理が難しいクレープ生地の焼き上げを自動で行う。さらに、焼き上げ後の生地の取出しまで行うため、クレープ生地焼き職人が居なくても、スタッフが盛付けを行う事で焼き立てクレープを提供する事が出来る。

生地焼き~取出しまでを自動で行う。

スタッフはクレープロボットQが作ったクレープ生地に、具材を盛り付けるだけ。


クレープロボットQ の作業

スタッフがスイッチをオン

クレープ生地の焼き上げ作業を開始

焼き上げ後の生地の取出しも自動化


クレープロボットQが作ったクレープ生地に、スタッフが具材を盛り付け完成、美味しそう!



■【動画】クレープロボット「Q」

▼ 試験導⼊の概要

実施⽇ 2020年7⽉9⽇〜
対象施設 イクスピアリ1F ザ・コートヤード(千葉県浦安市舞浜1-4)
営業時間 平⽇ 11:00〜21:00 / ⼟⽇祝 11:00〜22:00
※施設の営業時間に準ずる。
内容 同店におけるクレープロボットQの稼働



クレープが焼きあがる様子は、イートインコーナーから見学できる。

左)カラフルいちごバナナ&アイスクリーム、中)ストロベリーベイクドチーズケーキ&アイスクリーム、右)チョコバナナ&アイスクリームクレープ
関連サイト
株式会社モリロボ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム