Amazonが新型「Fire TV Stick」発表!CPU性能は1.5倍、デュアルバンド対応で安定性向上 HDRやDolby Atmosにも対応

Amazonは性能をさらに強化した第3世代の「Amazon Fire TV Stick」(第3世代)の予約受付を2020年9月25日(金)より開始することを発表した。CPUの高速化や通信機能の向上で安定性がアップ。もちろんAlexaによる音声AIエージェント機能も利用できる。
価格は4,980円(税込)、出荷開始は9月30日(水)を予定。9月30日(水)以降はエディオン、ケーズデンキ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ドン・キホーテ系列店舗、ビックカメラ、ヤマダ電機でも販売開始される予定。


前モデル比150%パワフルになり、HDRとDolby Atmosに対応

第3世代のFire TV Stickは1.7GHzのクアッドコアプロセッサーを搭載し、従来のFire TV Stick(第2世代)と比較してCPU性能が1.5倍パワフルになり、消費電力が半分となった。また、5GHzネットワークをサポートするデュアルバンド、デュアルアンテナのwifiチップの搭載により、接続の途絶を減少させ、安定したストリーミングを実現。新たにHDRと、Dolby Atmosにも対応し、鮮明な映像や臨場感のあるサウンドを楽しむことができる。(HDRやDolby Atmosを利用するには対応するコンテンツと機器が必要)。

付属するリモコンは電源、音量、ミュートのボタンを備え、対応するテレビやサウンドバー、AVアンプを操作することができる
関連サイト
Amazon Fire TV Stick


年内にユーザーインターフェースがアップデート

年内にはFire TVのユーザーインターフェースがアップデートされ、より直感的に、シンプルで使いやすくなり、ユーザーごとにカスタマイズされた体験が提供される予定(時期は変更となる場合がある)。

具体的にはメインメニューが画面の中央部に配置され、お気に入りのアプリやチャンネルなど、よく使うサービスに素早くアクセスができるとともに、その場から直接ストリーミングサービスを起動したり、対応するアプリにカーソルをあわせるだけで提供されているコンテンツを素早く確認、再生することができるようになる。また、新しいメニューの「探す」により人気の映画、テレビ番組などを簡単に見つけることも可能。お気に入りのコンテンツの検索やコメディ、アクションなどのジャンル別の閲覧、キッズ&ファミリーといったカテゴリー単位の検索もできる。



さらに、新しいユーザーインターフェースにはユーザー・プロフィール機能が加わり、最大6名分のおすすめコンテンツや視聴履歴、ウォッチリストなどの管理をアカウント毎にパーソナライズできるようになる。ユーザーごとにプロフィールを切り替えるには、メインメニューの左端からプロフィールを選ぶ方法を利用するか、初めに設定しておくことで、以降はAlexaが自動的に声を認識し「アレクサ、私のプロフィールに切り替えて」と話しかけるだけで変更することが可能。



また、Fire TVの新しいユーザーインターフェースには日々賢くなるAlexaの様々な機能を紹介するメニューを追加し、新しい料理レシピの紹介や株価の閲覧など、人気のAlexaの機能をお薦めする。



新しいユーザーインターフェースは、年内に提供開始を予定している(日本以外ではオーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、インド、イタリア、メキシコ、スペイン、イギリス、アメリカで展開)。

Amazon エンターテイメント・デバイス&サービス担当 バイス・プレジデントのマーク・ウィッテン(Marc Whitten)氏は、次のように述べている。

マーク・ウィッテン氏

私たちはお客様により簡単にエンターテイメントを楽しんでいただくことを目指し、開発に熱心に取り組んでいます。新しいFire TVのインターフェースはお客様それぞれにあった利用体験を可能にします。さらに前モデルに比べパワフルになったFire TV Stickで、ますます簡単にストリーミングをお楽しみいただけるようになります。


関連サイト
Amazon Fire TV Stick

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム