人の動きに合わせてスクリーンが左右に自動で追従、第3世代「Echo Show 10」年内に発売 価格は29,980円

Amazonはユーザーの動きに合わせてスクリーンが回転する第3世代のディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Show 10」を発表した。価格は29,980円(税込)、出荷は年内を予定。カラーは「チャコール」と「グレイシャーホワイト」の2色。サイズは251mmx 230mmx 172mm、重量:約2560g。Amazonでは予約注文が始まった際に、Eメールで通知を受け取れる対応が始まっている。

第3世代のディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Show 10」チャコール Amazon公式サイト

斜め背面からのデザイン

横からのデザイン

第3世代のディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Show 10」グレイシャーホワイト Amazon公式サイト

背面からのデザイン


ユーザーの動きに合わせ左右175°に回転

10.1インチのHDスクリーン(解像度1280×800)を搭載した「Echo Show 10」はユーザーの動きに合わせて350°(左右175°)回転し向きを変えるため、ユーザーはビデオ通話や再生中の動画などを常に見ることができる(縦方向の画面の角度は、手動で調整できる)。

通話中は13メガピクセルの高解像度カメラと自動フレーミング機能が、話している人を自動的に常に正面から拡大表示(Amazonの商品ページから引用)

左右は350度、自動追従。上下は手動で調節できる

このモーション機能はマイク/カメラのオン/オフボタンやカメラカバーをスライドすることで、いつでも無効にできる他、音声やデバイス上、またはAlexaアプリからも無効にすることが可能。モーション機能を提供するための情報処理はすべてデバイス上でのみ安全に行われるので、取得された画像や映像がクラウドに送信されることはない。

カメラには物理的なカバー(シャッター)が用意され、カバーを閉めるとカメラ機能は使えず、プライバシーを守ることができる(Echo Show 8 等にも搭載されている以前からの機能を踏襲)

外出先からAlexaアプリを使ってEcho Show 10の内臓カメラにアクセスして、Echo Shwo10を回転させながら部屋全体を見渡したりすることも可能。(Amazonの商品ページから引用)

自動追従のディスプレイ付きは、ビデオ通話時にも便利

Echo Show 10はこの新機能の他、多くの面で機能や品質が向上している。


設置された空間の音響特性を感知

Echo Show 10は2つのツイーター(1インチツイーターx2(ステレオ))と強力なウーファー(2.5インチウーファー)を内蔵し、自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知しながら、指向性のある良質なサウンドとエンターテインメントを届けることができる。ユーザーは新しいEcho Show 10で、クックパッドの料理レシピを見たり、NHKニュースのフラッシュニュースを見たり、Prime Video、Hikari TV、Paraviの映画やドラマを見たりすることができる。さらに今後はNetflixが提供開始される予定。また、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどで音楽を再生し、再生中の曲の歌詞やアルバムジャケット、おすすめなどを表示できる。(※歌詞表示は対応楽曲のみ。また、上記サービスの利用に別途登録・契約が必要な場合がある)




Alexaがさらに賢く

Echo Show 10は自宅をよりスマートで安心なものにするために、高度なコンピュータ・ビジョン・アルゴリズムを採用。ユーザーがリクエストを伝えると、従来よりもAlexaがより早く応答する(現在米国のみ対応)。また、Zigbee対応のスマートホームハブを内蔵しているので、「アレクサ、デバイスを探して」と言うだけで、対応している照明などのスマートホームデバイスのセットアップや操作も簡単にできる(Alexa対応赤外線コントローラー(別売)があれば、赤外線リモコンが付きのテレビやエアコンなどの家電も声で操作できるようになる)。


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム