クルマでもアレクサ!Echoシリーズ初の車載デバイス「Echo Auto」がついに日本で発売 3,500以上のAlexaスキルに対応

Amazonは乗用車やトラックといった自動車に設置して、Amazonが提供する音声サービスAlexaを手軽に体験できるEchoシリーズ初の車載デバイス「Amazon Echo Auto」の予約受付を2020年9月25日(金)に開始したことを発表した。価格は4,980円(税込)。出荷は9月30日(水)より開始予定。


Echoシリーズ初の車載デバイス「Echo Auto」

Echo AutoはスマートフォンのAlexaアプリを介してインターネットへ接続し、Alexaとハンズフリーで対話できる車載デバイス。車内の音響特性を考慮して設計された8つのマイクアレイを搭載し、カーオーディオからの音楽、エアコンの音、運転中の騒音などが騒々しい車の中でも、ユーザーの話しかける声にAlexaがスムーズに応答する(Alexaの応答や音楽は、カーオーディオのBluetooth、もしくは外部入力を通じて車載スピーカーで再生される)。


Echo Autoはユーザーが契約しているスマートフォンのデータ通信を使用し、Alexaアプリを介して様々な機能にアクセスする

Echo Autoを利用することで運転しながらAmazon Music、Apple Music、Spotifyなどから音楽をストリーミング再生したり、ニュースを聞いたり、電話をかけたりすることができる他、Kindleストアから購入した本を読み上げたり、車での帰宅途中に明日の予定を確認したり、車内から自宅のAlexa対応のスマートホーム家電を操作したりすることが可能。


また、Echo Autoはこれまでに開発された3,500以上(2020年8月末時点)のAlexaスキルにも対応しており、車内でAlexaに話しかけて「アルクの英語クイズ」で英語を学習したり、「講談社のディズニースーパーゴールド絵本」で同乗する子どもに物語の読み聞かせたりすることもできる。なお、Amazon Musicが提供するポッドキャストにも対応している。



Echo AutoはシガーソケットもしくはUSBポートから給電して、デバイスを3.5mmオーディオケーブルまたはBluetoothでカーオーディオにつなぎ、付属のエアベントマウント(送風口用アタッチメント)を使用して設置する。利用開始時の初期設定や、その後の設定変更などはAlexaアプリで行うことができる。

関連サイト
Amazon Echo Auto



一部の車種とスマートフォンには対応していない

Echo Autoは日本で販売される一部の車種もしくはモデルまたはスマートフォンに対応していない場合がある。

Echo Autoは、Bluetoothをサポートして音楽を再生できる一部の車と互換性がない(日本車のみ記載、海外仕様の日本車を含む海外製はURLから確認できる)。
Daihatsu Tanto (2020~)
Honda CR-V (2018~)
Honda Freed (2019~)
Honda Shuttle (2015~)
Suzuki Hustler (MR31S/MR41S) (2016~)
TOYOTA Raise (2019~)

URL
https://www.amazon.co.jp/b?node=8416677051&ref=ods_dp_aucc_muf_compatiblecar

付属のエアベントマウントは、一部の形状の送風口と互換性がない。



以下のスマートフォンは、Echo Autoと互換性がないことが確認されている(全て網羅しているわけではない)。

Alcatel 1X with Android Oreo (Go Edition)
Alcatel Jitterbug Smart 2
Alcatel One Touch
Alcatel Pixi 4
BLU R2
BLU Tank Extreme & Extreme Pro 4.0
FUJITSU Arrows M03
Google Nexus 4
Google Nexus 6
Honor 4C
Honor 7C
Honor 7X
Honor 8X
HTC Desire 610
HTC M8
HTC M9
Huawei Honor 4C
Huawei Mate SE
iPhone (1st generation)
iPhone 3G
iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4S
iPhone 5
iPhone 5C
Kyocera DuraForce PRO (E6820)
Le Pro3
LeEco LePro 3
Lenovo K6 Note
LG Tribute HD
Micromax Bharat 4
Moto E4 Plus
Oppo A37
Oppo A83
Oppo F1s
Samsung Galaxy A20 SC-02M
Samsung Galaxy A30 SCV43
Samsung Galaxy C9 Pro
Samsung Galaxy Feel SC-04J
Samsung Galaxy J2
Samsung Galaxy J3
Samsung Galaxy J6
Samsung Galaxy J7 Max
Samsung Galaxy S8
Samsung Galaxy S8 SC-02J
Samsung Galaxy S10 SC-03L
Samsung Galaxy S10+ SCV42
SONY Xperia Z5 Compact SO-02H
Vivo V9
Vivo Y21L
Vivo Y81
Vivo Y83
Xiaomi Redmi 4a
ZTE Blade A510

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム