衛星画像や海水温などを照合して豊漁の手掛かりを抽出 アクセルスペース、オーシャンアイズ、京セラが高精度漁場予測の実用化へ

一般的な近海・沿海での漁場予測においては気象衛星、観測ブイ、観測船などで測定される海水温や塩分濃度などの海況データと過去の漁場データを活用し、広さ約10㎢の漁場を見定める。これを漁業者の経験と勘によってさらに絞り込み、最終的には魚群探知機を走査して魚群を探り当てている。しかし近年では漁業者の高齢化や減少により経験豊かな漁業者が不足し、漁場予測が困難になっており、より精度の高い漁場予測の方法が求められている。

アクセルスペースとオーシャンアイズ、京セラは、人工衛星を活用して高精度に漁場を予測するサービスを研究開発、実用化を行う。これに関する共同研究の契約を2020年12月3日(木)に締結したことも発表した。

共同研究は宮崎県日向灘沿海で実施し、研究成果の有効性を客観的に評価できるよう宮崎県水産試験場も協力する。研究期間は2020年12月3日~2021年11月30日まで。



潮目や河川プルームの発生を明らかにしていく

従来の気象衛星よりも高解像度の画像が取得可能なアクセルスペースの地球観測衛星で海表面を観測した結果、好漁場の手掛かりとして知られる潮目や河川プルームを発見できる可能性があることがわかってきた。

河川プルームとは
河川が河口部に流入した際に生じる濁りの空間的な広がりのこと。シラスなどの漁場となることが知られている。

研究では地上で観測した表面温度パターン、スーパーコンピュータで計算した海水温・潮流・塩分濃度などの多様なデータと衛星画像を照合し、漁場の手掛かりを抽出・特定する手法の検討などを行う。さらには潮目や河川プルーム発生の予測可能性を、コンピュータモデルを使ったシミュレーション(数値実験)により明らかにしていく。



この世界初(京セラ調べ)となる人工衛星を活用した高精度漁場予測の実用化への取り組みは、今後の高解像度衛星の実用化や革新的な漁場予測技術につなげていく。アクセルスペース、オーシャンアイズ、京セラの3社は、的確な漁場予測の確立により、豊かな日向灘の海洋資源と自然環境を守りつつ、効率的な漁業の実現を目指していく。

【各社と役割について】

アクセルスペース 超小型衛星による地球観測事業、超小型衛星等を活用したソリューションの提案、超小型衛星および関連コンポーネントの設計ならびに製造、超小型衛星の打ち上げアレンジメントおよび運用支援・受託を行う宇宙ベンチャー企業。研究においては多数機の次世代型超小型衛星により、世界のあらゆる地域を高頻度に観測する次世代の地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」を活用した衛星画像データおよび、その解析結果を提供する。
オーシャンアイズ オーシャンアイズは水産業をはじめとする海洋産業向け“海の天気予報”として、最新の技術を活用して海況や漁場予測を行う海洋AIベンチャー企業。研究においてはコンピュータモデルで計算した水温や潮流などの海況データと、衛星が観測した海表面画像の照合による海洋現象を解析する。
京セラ 京セラグループは素材から部品、デバイス、機器、さらにはサービスやネットワーク事業に至るまで、多岐にわたる事業をグローバルに展開している。研究においては車載カメラ事業で培った画像センシング・解析技術を活用し、地上と衛星間のデータを同時取得。研究成果は漁業をはじめとした海洋におけるIoT事業に活用予定。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム