AI搭載型無人販売機「スマリテ」珍しい生鮮食材や加工食品も販売する実証実験 食糧品をとってアプリでキャッシュレス決済

サッポロ不動産開発はゴールデンバーグが開発および運営するAI搭載型無人販売機「スマートリテールテクノロジー de GO(スマリテ)」の実証実験を2021年1月15日(金)より、自社が保有するシェア型賃貸住宅「シェビア恵比寿」において開始することを発表した。

実証実験は未曽有の感染症によるニューノーマルな時代を鑑み、人との接触機会を減らしつつ、こだわりの食材を時間をかけずに便利に購入できる場を提供することにより、日々の食卓を充実させるための取り組み。


購入データはリアルタイムに集積

実証実験では自動販売機で希少性の高い生鮮食材や加工食品などの“プレミアム食材”をラインアップし、忙しくて買い物や食事作りに時間はかけられないけれど美味しいものを食べ、健康に過ごしたいという現代の生活者のニーズに応えるサービスを展開する。シェア型賃貸住宅ならではの個食ニーズに合わせ、農家から直送の野菜5~6種類がミックスされたサラダセットや手のひらサイズのスティック人参、また、電子レンジで温めれば食べられる新潟県産の釜炊きご飯や生卵などもラインナップ。近くのコンビニやスーパーでは取り扱いが少ないレトルト食品やおつまみにもなる缶詰なども取り揃え、朝食などの食事からおつまみまで、こだわり商品を必要な分だけ購入できる(※取り扱い商品は状況により見直す予定)。


購入の事前準備は専用アプリと決済アプリのダウンロードのみ。購入時に自動販売機のQRコードをスキャンし、庫内から好きな商品を取り出して、ドアを閉めるだけでキャッシュレス決済が完了する。商品の購入データはリアルタイムに集積し、消費動向分析を行うことで利用者のニーズに対応したラインアップになっていく。期間は3月31日(水)まで。


シェア型賃貸住宅「シェビア恵比寿」外観

シェア型賃貸住宅「シェビア恵比寿」内観

サッポロ不動産開発は時間や場所に縛られない“個”のライフスタイルの広がりやデジタル化の進展に合わせ、“ひとりひとり”に寄り添った新たな価値を不動産事業の枠にとらわれず創り、育むことで、まちに住む人・働く人・訪れる人々に利便性や快適さを提供し、周辺エリアも含めたまちの魅力向上と笑顔の絶えない空間の創造に挑む。


シェア型賃貸住宅「シェビア恵比寿」内観


AI搭載型無人販売機「スマリテ」について


「スマートリテールテクノロジー de GO」(スマリテ)はゴールデンバーグ株式会社が開発および運営するAI搭載型無人販売機。AI及びRFID技術などの無⼈化技術により運営上の販売管理、在庫管理、プライスコントロール、賞味期限管理監視、温度監視機能(HACCP対応)などのデータ集積、可視化をクラウドシステムで一括コントロールする機能が搭載されている。運営者側の完全な無人化が実現することで運⽤上のランニングコストをほぼゼロに抑えることが出来るため、良質な製品をより安く販売することが可能。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム