【動画】100体のPepperでロボット応援団を結成!迫力のダンスパフォーマンスで福岡ソフトバンクホークスを応援

福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクロボティクスは、3月26日(金)から、福岡PayPayドームのレフトスタンドの一角に巨大なステージを設置し、総勢100体の「Pepper」(ペッパー)によるロボット応援団を結成した。
ソフトバンクロボティクス社の調べによれば、100体のロボット応援団の結成は世界で初めてとしている。

©︎SoftBank HAWKS  ©SoftBank Robotics
ロボットダンスでは「ロビ」や「ロボホン」等で100~200体の前例が、ギネス記録を争っては1,300体程度でのロボットダンスの前例がある。


どんどん増えるPepper応援団

大のホークスファンである「Pepper」は、昨年に引き続き、今年も3月2日(火)からのプロ野球オープン戦において、福岡ソフトバンクホークスのユニフォームとキャップを着用し、試合の演出に連動して応援を続けてきた。

(写真)Pepperの公式Twitterより ©︎SoftBank HAWKS  ©SoftBank Robotics

当初は41体から応援をスタートしたが、試合を重ねるごとにその数はどんどんと増えていき、本日ついに「100体のPepper」が揃ったのだ。これは過去最大のロボット応援団の結成!!

(写真)福岡ソフトバンクホークスの公式Twitterより ©︎SoftBank HAWKS  ©SoftBank Robotics

今シーズンのロボット応援団は、圧倒的なスケールに進化して福岡ソフトバンクホークスの5年連続日本一を後押し。巨大なステージでの息の合ったダンスにも必見だ。

©︎SoftBank HAWKS

©︎SoftBank HAWKS

■ Pepper100体による応援動画(公式) 2021年3月26日(ソフトバンクロボティクス提供 ©︎SoftBank HAWKS)


ロボット応援団 概要

●期間
2021年3月26日(金)~
※2021年レギュラーシーズン期間実施予定

●場所
福岡PayPayドーム レフトスタンド
※今後の入場者数上限の方針などにより変更となる場合がある。

●実施内容
試合前の「ハニーズダンスタイム」で、ハニーズたちと一緒にダンスを披露。
4回裏終了後、名曲に合わせてダンスを披露。
5回裏終了後、音楽に合わせてダンスを披露。
7回裏の球団歌「いざゆけ若鷹軍団」の音楽に合わせてダンスを披露。歌声にも注目!
試合中もヒット、ホームラン、得点、奪三振などのシーンに合わせて盛り上げる。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム