富士急 バスの走行位置と混雑度がスマホでわかるサービスを路線バス94台に採用 静岡県東部の路線バスと高速バスが対象

富士急グループの富士急シティバス株式会社は、運行する路線バス94台にバスロケーションシステム「バスキタ!」および「リアルタイム混雑情報提供システム」を2021年4月19日(月)より導入することを発表した。



バスの走行位置と混雑度がリアルタイムでわかる


バス乗降口のセンサーで人数をカウント

リアルタイム混雑情報提供システムはバス乗降口のセンサーにより乗降人数を計測して、バス車内の混雑度を3段階で表示する。PC、スマートフォンから富士急シティバスのバスロケ専用サイトへアクセスするとバスの現在地情報(遅延情報)、車内の混雑状況を確認できる。混雑したバスを避けることで、乗車率の平準化と遅延防止が期待できる。


「バスキタ!」及びリアルタイム混雑情報提供システムの導入により、運行中のバスの現在地や停留所への到着予測時刻、遅延情報などの運行状況をリアルタイムで把握でき、わかりにくかった路線バスのイメージを一新、利便性が飛躍的に向上する。


運行状況を確認

バスの運行状況をリアルタイムに確認できる。遅延が発生している場合は遅延時間ごとに色分けして地図上に表示される。


バスの現在地を表示

運行中のバスの現在位置を地図上へリアルタイムに表示する。任意のバスを選択すると、行き先と運行状況も確認できる。

同システムの対象路線は富士急シティバスが運行する路線バスと高速バス(主に静岡県東部)。路線バスは2021年4月19日(月)から導入され、高速バスは近日中を予定。なお、同システムの導入にあたっては、国土交通省、沼津市、三島市より各種補助金の交付を受けている。

【各種補助金について】
国土交通省「地域公共交通感染症拡大防止対策事業補助金」
沼津市「沼津市新型コロナウイルス対策路線バス環境向上設備導入促進事業補助金」
三島市「三島市路線バスIT化整備事業費補助金」

富士急グループは今後も最新技術を導入することで、より安心・安全で快適な地域の移動をサポートしていくとしている。また、東京、神奈川、静岡、山梨におけるグループのバス各社においても同システムを拡大し、地域の足としてだけでなく富士山周辺の観光のシーンにおいても更なる利用者サービスの向上を目指していく。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム