若手ビジネスパーソンに送るAudibleオリジナルポッドキャスト「みんなのメンタールーム」配信開始 毎週木曜更新

世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスであるAmazon オーディオブック「Audible」(以下、オーディブル)は、オリジナルポッドキャスト「みんなのメンタールーム」を配信開始したことを発表した。第1〜3回はオーディブルとAmazon Musicにて本日4月20日に同時配信。第4回以降はオーディブルで毎週木曜日に配信し、約1ヶ月後にAmazon Musicにて配信を予定する。


「仕事のコツ」を伝え、リスナーからの悩みに答える

新型コロナウイルスの影響で、若手ビジネスパーソンを取り巻く環境は大きく変化した。リモート勤務を余儀なくされ、十分な研修を受けられない、あるいは社内で気軽に相談できる関係を築けない人が多く存在している。将来に対する不安は募るものの、それを共有し、受け止め、適切なアドバイスを行う機会が不足している。

オーディブル独自制作のポッドキャスト「みんなのメンタールーム」はそのような人達に寄り添い、変化の激しい時代に自分らしいキャリアを構築していくためのポッドキャスト。スピーカーにはメディア企業の編集者・プロデューサーとしてコンテンツ制作に関わりつつ、事業マネージャーとしてビジネスの立ち上げやマネジメントにも携わってきた経歴を持つ設楽悠介さん・野村高文さんを迎え、「仕事のコツ」を伝えるのに加え、リスナーからの悩みにも答えることで、リアルな声を反映した、ここでしか聴けないコンテンツを毎週配信する。




設楽さんと野村さんからのメッセージ

配信に際し、設楽さんと野村さんから以下のメッセージが届いている。

設楽悠介さん

私たちは今、ニューノーマルな働き方を求められています。変化の時代に求められるのは、柔軟性です。私たちは仕事や生活の変化に対して、うまく順応していかなければいけません。でもそんな変化には負荷が伴います。自分は平気だと思っていても、少しずつその負荷は心とカラダに蓄積していきます。

この番組では変化の時代を生き抜いていかなければいけないビジネスパーソンに、新たな時代にも通用する仕事のTIPSをお届けします。そして私たちが皆さんのバーチャルなメンターとしてお悩みを受け止め、ほぐさないと気が付かない肩こりのような変化のストレスを、やさしく解き放つような番組を配信していきたいと思ってます。

【プロフィール】
設楽悠介/幻冬舎「あたらしい経済」編集長、幻冬舎コンテンツビジネス局 局次長
1979年生まれ。明治学院大学法学部卒。マイナビを経て、幻冬舎に入社。同社でコンテンツビジネス局を立ち上げ、電子書籍事業・WEBメディア事業・コンテンツマーケティング・新規事業等を担当。仮想通貨・ブロックチェーンに特化したメディアプロジェクト「あたらしい経済」を創刊し編集長に。関連企業の取締役を複数社兼務。野村高文とビジネスユニット「風呂敷畳み人」を組み、書籍の出版や音声コンテンツ配信などの活動を行う。
Twitter:https://twitter.com/ysksdr
Official:https://www.protocolpunk.com/

野村高文さん

世の中、刺激的な情報が溢れています。「何者かになれ」「変化の時代に対応せよ」…しかし仕事をする上で、大切なことはそんなに変わっていないというのが私の考えです。基本を押さえた上で、時代の変化に対応するエッセンスを加えることで、本当の意味でニューノーマルな働き方ができるのではないでしょうか。

本番組では、仕事を着実に前に進め、自分らしいキャリアを歩むための方法論を、「実行」が得意な2人の編集者/マネージャーがお話ししていきます。とはいえ、パーソナリティ自身も成長途上のビジネスパーソンです。リスナーの皆さんの声にお答えしていきながら、一緒に成長していければと思います。

【プロフィール】
野村高文/NewsPicks編集部デスク、音声事業プロデューサー
東京大学文学部卒。PHP研究所、ボストンコンサルティンググループを経て、2015年にNewsPicksにジョイン。2017年、学びのコミュニティ「NewsPicksアカデミア」の立ち上げとともにプロジェクトマネージャーに就任(のちに編集長・マネージャー)。事業運営、コンテンツ企画、モデレーター、コミュニティマネージャーなどあらゆる役割を担い、事業の成長に貢献した。2020年4月より現職。旅とプロ野球と柴犬が好き。
Twitter:https://twitter.com/nmrtkfm

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム