新東名高速の浜松サービスエリアにトイレ「清掃ロボット」を導入 浜松SA下り

2021年6月30日、中日本高速道路のグループ企業である中日本ハイウェイ・メンテナンス東名株式会社は、E1A新東名高速道路(新東名)浜松サービスエリア(SA、下り)に「清掃ロボット」を7月9日(金)より導入することを発表した。エリアキャストが行っているトイレを清掃作業の一部をロボットが担うことで自動化をはかる。

中日本高速道路株式会社(NEXCO 中日本)は、「i-MOVEMENT」の実現に向けて、企業・団体との共同研究による技術開発やグループ会社と連携した技術検討などにより、最先端の技術を導入した革新的な道路マネジメントに取り組んでおり、同取組みは、「i-MOVEMENT」の一環である「維持作業(清掃および植栽作業)の機械化による省力化」につながる技術だ。

今回、浜松SA(下り)に導入する清掃ロボットの作業状況の検証などより、2022 年度以降に当社管内のSA・PAに床の清掃を専門とするロボットの導入を予定している。また、汚れが見えにくい小便器の下や裏側など、手鏡を照らしながら窮屈な体制でエリアキャストが清掃をおこなっている現状を踏まえ、さらなる省力化を目的として小便器、個室トイレ、多機能トイレの「清掃ロボット」の開発を進めて行く予定だ。






清掃ロボットの概要・特徴

今回導入した清掃ロボットは日本信号株式会社のCLINABO(クリナボ)だ。同ロボット導入により、トイレ清掃の省力化と清掃頻度向上による清掃レベル向上・快適性向上が期待できる。


トイレ清掃の省力化
現在 ロビー、男女トイレ内の洗面エリア、通路、小便器、個室トイレを順番に清掃
導入後 床の清掃ロボットを導入することにより全体の清掃時間を約1割短縮


清掃頻度向上による清掃レベル向上・快適性向上
現在 床の清掃は1 日1 回清掃後、定期的な見回りで汚れている場合に清掃を実施
導入後 清掃頻度を高めた作業状況などを検証



▼清掃ロボット CLINABO

寸法:幅 幅700mm×奥行994mm×高さ1,094㎜
重量 約220kg
清掃の範囲 ロビーや通路の床(個室ブース除く)
連続稼働時間 バッテリー1 個当たり約3時間(清掃面積約4,800平方メートル)
清掃方法 あらかじめ清掃ルート上を手動で移動しルートを記憶させた後は自動設定に切り替え清掃を開始
安全機能 超音波センサなどにより段差落下防止や障害物との衝突防止機能を装備




i-MOVEMENT「次世代技術を活用した革新的な高速道路保全マネジメント」

NEXCO 中日本は、「i-MOVEMENT」の実現に向けて、企業・団体との共同研究による技術開発やグループ会社と連携した技術検討などにより、最先端の技術を導入した革新的な道路マネジメントに取り組んでいる。最先端のICT技術・ロボティクス技術の導入などにより、少子高齢化やデジタル技術の進展などによる社会環境の変化、利用者のニーズの多様化を踏まえた情報提供の高度化など、同社グループを取り巻く環境の激変に対応しつつ、高速道路モビリティの進化に貢献する革新的な同プロジェクトを推進していくとのことだ。


■【動画】i-MOVEMENT具体的な将来像編

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム