ドコモが5Gのビジネス実装を加速 5G契約者数は500万/基地局は1万局を突破、5G社会実装の事例を発表、Googleグラス販売開始へ

NTTドコモは7月15日、「docomo 5G DX MEETUP for business 記者発表会」をオンラインで開催し、その中で5Gの契約者数が500万、5G基地局は1万局に達したことを発表、5Gが本格的な社会実装と普及期に入ったと語った。


イベントでは「5G時代の協創とドコモの新たなチャレンジ」として、ドコモ5Gオープンパートナーと共に既にこれまでおこなってきた事例を紹介するとともに、新しくスマートグラス「Google Glass」の販売を8月より開始することを発表した。

Google「GlassEnterprise Edition 2」の取扱いを発表する株式会社NTTドコモ 代表取締役副社長 丸山 誠治氏


5Gの社会実装事例

代表的な取り組みとしては「高精細映像」「遠隔操作」「新たな教育体験」をあげた。


従来、高精細映像で配信するには器材の準備に時間とコストがかかっていたが、5G伝送によって手軽に高精細の映像を配信する環境が実現、イベントでの導入、キー局などにも採用されているという。
遠隔支援は、コロナ禍で移動や集まって研修を行うなどに制限がある中、現地作業員を遠隔から支援する業務に役立っている、とした。
医療分野では、神戸市と神戸大学、メディカロイドとともに世界最先端の手術支援ロボットの遠隔操作に5Gを活用。地域の外科医療の改善に期待されている。
新たな教育体験として、360度撮影のスワイプビデオを活用、体育の実技指導や試験の採点などに5Gを導入した。


Google Glassの販売を8月10日より開始

ドコモ5Gオープンパートナープログラムは全国で約300件の協創事例を創出した。その上で、更に「5G時代の協創とドコモの新たなチャレンジ」を加速する新しいデバイスとして、Google Glassを取扱うことを発表した。

内ポケットに入れていたグーグルグラスを取り出す



46gという圧倒的な軽さと、ケーブルレスという特徴から、「遠隔作業支援」や「警備」などへの活用を想定している。



Google Glassの取扱いについての詳細は、下記の記事で紹介している。

> 関連記事「NTTドコモ Googleのスマートグラス「GlassEnterprise Edition 2」を取り扱い開始 トライアルキャンペーンを開催

ロボスタFacebookで最新ニュースが届く【フォロワー2万5千人突破!!】
ロボット、AI、スマートスピーカー、ビッグデータ、自動運転、xR、ドローンなど最新情報が満載
ロボットスタート「ロボスタ」 Facebbok公式ページ

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム