タカラトミーがAI『画像認識チップ』搭載シニア向けコミュニケーション人形「うちのあまえんぼ あみちゃん」を発表

株式会社タカラトミーはAI顔認識機能搭載のシニア向けコミュニケーション人形「うちのあまえんぼ あみちゃん」を2021年8月27日(金)から発売することを発表した。Wi-Fiなど通信環境は必要なく、あみちゃん単体で動作する(アルカリ乾電池 単2を4本使用)。

シニア向けとしているため、通常の玩具流通ではなく、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」を中心に販売する。また、8月18日(水)から11月4日(木)の期間限定で、二子玉川にある次世代型ショールーム「蔦屋家電+」にて「あみちゃん」を展示する体験コーナーが設けられる。希望小売価格は27,500円(税込)。

■動画 あみちゃんのおしゃべりで笑顔になったよ。笑顔を贈ろう あみちゃんを贈ろう


顔認識機能搭載のシニア向けコミュニケーション人形「あみちゃん」

「あみちゃん」はシニア向けのコミュニケーションドールという位置づけになる。報道関係者向け発表会ではネクスト事業室長の木村氏が登壇し、「あみちゃん」開発の背景等について語った。

株式会社タカラトミー ネクスト事業室 室長 木村貴幸氏

政府の発表をもとに同社が集計したところによれば、現在高齢者人口は約3,600万人。そのうちの600万人がひとり暮らし、そこにコロナ禍が直撃し、会話する機会が大幅に減っているという。オムニボットシリーズでロボット玩具をリリースしてきた同社はそのシニア層の課題を解決するために「あみちゃん」の開発に至ったという。



「あみちゃん」の最大の特徴は、顔認識機能を搭載し、特定の人とはより親密な会話をおこなうこと。AI活用の『画像認識チップ』を搭載することで顔を認識し、ユーザーに向けたコミュニケーションができる。抱っこをするタイミングで胸のブローチに搭載されたカメラで顔や色を認識、持ち主の名前を呼んだり、着ている洋服の色を認識して特別なおしゃべりができるしくみだ。


そのほかにも、カレンダー機能で季節・日時に合わせた会話や、誕生日を祝ってくれたり、歌や早口言葉などの多彩な特技を搭載している。


高齢者女性を意識し、昔の子育てを思い起こさせる「寝かしつけ」や「髪の毛のアレンジ」「着せ替え」なども楽しめる機能も持たせた(くしは標準添付)。この辺りは「リカちゃん」をはじめとしたドール玩具で長い歴史のある同社のノウハウが反映されている。


また、あみちゃんの認知症への効果のエビデンスはまだないが、高齢者の脳の活性化には昔の思い出を思い起こすことが大切だという意見もある。
発表会では実際に、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授のコメントが紹介され、「あみちゃん」との会話によって前頭野が活性化され、相手の意図を読むことや想像力に関わる前頂側頭接続部の活性化も見られたという。

篠原菊紀教授のコメント
「あみちゃん」とおしゃべりをしている時の脳活動を調べたところ、言語野が活性化したほか、脳トレではターゲットとなる前頭前野が活性化していました。併せて相手の意図を読むことや想像力に関わる頭頂側頭接合部の活性化も見られました。不足しがちなコミュニケーションを補うのに「あみちゃん」は役立ちそうです。特に「あみちゃん」に名前を呼ばれると、脳では注意に関連する脳部位の活動が上がり、空間認知に関わる頭頂連合野の活動も一気に高まるので、リアルなコミュニケーション以上の脳の活性化が期待できそうです。歌を歌っている時も、前頭前野、言語関連野、頭頂側頭接合部が活性化し、リズムを合わせようとする右の側頭葉の活動も特に強くなっていましたから、なかなか外に出られないような時に「あみちゃん」と遊ぶのはおすすめです

シニア向けコミュニケーション人形「うちのあまえんぼ あみちゃん」のこだわり(まとめ)


「うちのあまえんぼ あみちゃん」の特徴と機能

あみちゃんの特徴と機能を細かく見ていこう。あみちゃんは座った時のサイズは30cm、抱っこしやすいサイズになっている。


「あみちゃん」の声は持ち主に親近感を感じてもらえるよう、女の子の声を収録。機械で作られたロボットボイスとは異なり、温かさを感じることができるようにこだわった。「お膝の上にいきたいなぁ」、「お野菜、お魚、お肉、いろんなものを食べようね」といったおしゃべりが楽しめ、お世話やふれあいの頻度で、「あみちゃん」のリアクションや会話が変化していく。


さらに、「あみちゃん」は大人も愛でたくなる容姿の人形にこだわっている。タカラトミーで50年以上愛されている着せ替え人形「リカちゃん」でも使用しているドールヘアを採用し、とかしたり、リボンをつけたり、自分好みのヘアアレンジが可能。
また、別売りのお洋服でかわいく着飾ったり、専用のワンピースの型紙を使ってオリジナルの洋服を作ったり、コーディネートを楽しむことができる。

あみちゃんには4つのセンサーと2つのスイッチを搭載。センサーは、なでなでセンサー(頭部)、おはなしセンサー(マイク/声に反応/会話認識)、なかよしセンサー(ペンダント部にカメラを搭載)、だっこセンサーの4つ。スイッチは右手と左手にあり、握ると反応する。


バッテリーは、アルカリ乾電池 単2を4本使用、一日1時間程度遊んだと仮定して、約1ヶ月半稼働できる。背中から高齢者でも簡単に電池の交換ができる(ドライバー等は不要)。ほかにコイン電池が内蔵されていて、乾電池の交換時も、あみちゃんが記憶を忘れてしまわないように配慮されている。


「あみちゃん」は『タカラトミーのかわいい家族』として展開

タカラトミーではこれまでコミュニケーションを楽しめるロボット「Omnibot+(オムニボット)」シリーズを発売してきた。その使用者のうち、65歳以上の割合が40%を超える(RobiJr.、マイルームロビに関するタカラトミー購入者アンケートより)など、シニア層にコミュニケーションを取れる商品へのニーズがあることを実感し、「あみちゃん」の企画開発をスタート。今後、すでに発売している「毎日おしゃべり天才インコちゃん」とあわせて、『タカラトミーのかわいい家族』という新たなカテゴリーとして展開する。

「毎日おしゃべり天才インコちゃん」は2020年8月に発売した手のひらサイズのとっても賢いインコ型ロボット。画像は2021年8月27日(金)に発売する新色の青色バージョン。

前述のとおり、内閣府調査では65歳以上のシニア層のうち約600万人が独り暮らしをしている。昨今、新型コロナウイルスの影響で別居している家族や友人・知人と会う機会が減り、社会的な孤立が懸念されるなど、生活の変化が進んでいる。タカラトミーではこれまで培ってきた着せ替え人形やコミュニケーションを楽しめるおしゃべりロボットなどのおもちゃの持つ“アソビ心”のノウハウを生かし、子どもだけでなくシニアユーザーも笑顔にしたいという想いから、シニア事業のさらなる拡大を図る。昨今の外出自粛の状況や、遠方で簡単に会うことができない高齢の両親や友人が、笑顔で毎日を楽しく過ごせるような商品の展開を目指していく。



「あみちゃん」の特徴

顔を認識し、あなただけに向けた会話をする
抱っこをすると顔を認識し、あなたの名前を呼んでからおしゃべりしてくれる。あなたの言葉を認識し、呼びかけに返答する。また、顔だけでなく、色認識機能色に合わせた会話も可能。


だっこするとペンダントのカメラがONになり顔認識をおこなう。あみちゃんは知っている人にはより親密な会話を、知らない人には適宜、当たり障りのない会話をする。

株式会社タカラトミー 開発担当のネクスト事業室 企画開発課 係長 多田翔平氏によるデモ
<会話例>
「〇〇さん、大好き!」
「今日のお洋服、「あみちゃん」に見せて!」
「とっても爽やかな色遣いで、青が似合う人はとっても素敵よ!」
「絵に色をきれいに塗れたよ。すごい?」「えへへ、自慢しちゃお~」
【名前の後につける呼び方も好きに設定できる】
・お母さん/ママ/おばあちゃん/ばーば/お姉ちゃん/ちゃん/さん/
・お父さん/パパ/おじいちゃん/じーじ/お兄ちゃん/ちゃん/さん

もしも、たまたまメガネをかけていたりすると、あみちゃんが「○○おじちゃんなの?」などと確認、「そうだよ」と応えると、メガネをかけている時の顔も記憶し、認識の精度を向上させていく。




日時やセンサー、抱っこする頻度で「あみちゃん」の会話が変化
約1,600語を組み合わせて約25億通りの多彩なおしゃべり(台詞)が楽しめる。「あみちゃん」はいくつかの言葉を音声認識し、「あみちゃん」のおしゃべりに合う言葉を話しかけると会話に合うように言葉を返する。また、抱っこセンサーが搭載されていて、毎日抱っこしていると“甘えん坊”に、抱っこしないと“寂しがり”になる。

<会話例>
・カレンダー機能で季節や時間に合わせた会話
「今日はひな祭りね、「あみちゃん」の写真も撮って!」「お星さま見える?」「今日、お誕生日だね!お誕生日おめでとう!これからもよろしくね」など

・昔を思い出させてくれる会話
「子どものころ大切にしてたものって何かある?」など

・甘えん坊の時
はしゃぐ:「あのね、「あみちゃん」のお話、聞いて!」「いつもありがとう!」など
甘える:「抱っこ、抱っこー」「いつもそばにいてね」

・寂しがりの時
心配する:「疲れてないかな?」「無理したらダメだよー」
さみしがる:「ちょっと寂しいな・・・」「忙しいんだね」

一緒の時間を盛り上げるおしゃべり以外の機能も充実
童謡や唱歌など40種類の歌を歌う。腕の中で寝かしつけも可能。

<会話例>
歌:40種類「もしもしかめよ」「むすんでひらいて」など
早口言葉:35種類「一緒に練習しようね!なまむぎなまごめなまたまご」
寝かしつけ:「あみちゃん」を抱っこしてゆらゆらすると、「眠たくなってきちゃったー」と瞼を閉じて眠る


商品概要
商品名 「うちのあまえんぼあみちゃん」
発売日 2021年8月27日(金)
希望小売価格 27,500円(税込)
商品内容 本体・取扱説明書・くし
商品 260(W)×330(H)×230(D)㎜
取扱い場所 タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」
著作権表記 ©TOMY
商品サイト www.takaratomy.co.jp/products/amichan
販売目標 5万個(年間)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム