【世界初】川崎重工の無人VTOL機が物資輸送 中央アルプス・南アルプスで長野県伊那市が開始 KDDI、ゼンリンも参画

長野県伊那市は、中央アルプス・南アルプス地域において、大ペイロードの無人VTOL機を使って、令和3年度より物資輸送プラットフォーム構築プロジェクトを開始した。このプロジェクトの事業化に向けて川崎重工業やKDDI、ゼンリンらが参画する。


背景には、近年のアウトドアブームによる「山小屋の利用人口の増加」がある。そのための安定的な運搬物資が求められている。現在は、山小屋への物資輸送はヘリコプターに頼っている。しかし、送電線工事や公共事業の増加、パイロット不足等により運用可能な機体の確保が難しくなっており、全国で多くの山小屋がその影響を受けている。


このプロジェクトでは、山岳特有の気象状況に適応し、長い距離と大きな標高差を安定して飛行できる、 川崎重工が開発中の無人VTOL機を使い、山荘への物資輸送のための固定空路を構築する。各種ステークホルダーとの調整や法令に基づく許認可等の手続きを行い、将来にわたって持続可能で効率的な輸送スキームを構築する。
このスキームは、汎用性・拡張性を持たせることで全国への水平展開が可能であり、同様な課題を抱える全国の自治体や関係団体の課題解決、山岳部物資輸送事業の安定運営の基盤の確立に寄与したい考えだ。


K-RACER について

「K-RACER:Kawasaki Remote, Autonomous and Cargo-ability Enhanced Rotorcraft」
ヘリコプターによる荷揚げ業務を代替しうる、以下の能力を備えた川崎重工が開発中の大ペイロードの無人 VTOL 機。
・駆動方式: レシプロエンジン型
・飛行形態: 垂直離着陸方式
・無人地帯内目視外自動飛行(レベル 3)
・ペイロード: 100 kg以上
・継続航行距離: 100 km以上
・上昇能力: 2,000m(標高耐性 3,100m)



協力会社について

このプロジェクトでは、伊那市と共に 2020年8月から日本初のドローン物流による買い物支援サービス「ゆうあいマーケット」を構築した KDDI株式会社と、河川上空をドローン航路とする「INA アクア・スカイウェイ事業」に取り組む株式会社ゼンリンもこのプロジェクトに参画する。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム