低速モビリティによる移動は高齢者の健康に寄与するか ヤマハ発が千葉大学と共同研究 大阪と千葉で実証実験

ヤマハ発動機株式会社は千葉大学予防医学センター(近藤克則教授)と低速モビリティによる移動が健康に寄与するか検証する目的で、共同研究に関する契約を締結したことを発表した。


ヤマハが「移動と健康の検証」に関する共同研究契約を締結

全国に点在する交通空白地帯における交通課題は、高齢者のクオリティオブライフの低下やそれに伴う社会保障費の増加を招くなど顕著な社会課題となっている。今回の共同研究では、その社会課題へのソリューション提供の一環として、電動カート導入により高齢者の外出、および社会参画を促し、これらの促進による介護予防、健康増進効果の関係を明確化することを目標としている。

千葉大学・近藤教授は高齢者の社会参加が健康寿命の延伸につながることを検証し、高齢化社会だからこそ、活き活きした高齢世代が社会参加するような活力ある社会の構築の必要性を長年提唱している。また、国土交通省では「グリーンスローモビリティ」を高齢者の足の確保や観光客の周遊に資する「新たなモビリティ」として定義し、同モビリティの活用検討に向けた実証調査支援事業を実施している。

グリーンスローモビリティ:電動で時速20km未満で公道を走る4人乗り以上のパブリックモビリティ

今回の共同研究ではヤマハのグリーンスローモビリティを試験的に導入することで、高齢者の外出、社会参加をどの程度促すか、その結果、健康や介護予防に関する各種指標がどう改善したかを検証する。実証実験は大阪府河内長野市(南花台地区)、千葉県松戸市(河原塚地区と小金原地区)に協力を頂き、2021年10月から12月まで実施する予定。

ヤマハはメーカーとしてのモノづくりの強みを活かしつつ、高齢者の介護予防分野で高い見識を持つ千葉大予防医学センターとの協業を通じて、よりよい社会の実現を目指す。

■千葉大予防医学センター 近藤克則教授のコメント

これまでに、高齢者の社会参加が健康寿命の延伸につながることを検証してきました。その中で、移動の足がないことが社会参加の障害になっていることがわかっています。これを解消する手立てとして、各自治体におけるグリーンスローモビリティの実装に期待しています。

■ヤマハ発動機株式会社 技術・研究本部研究開発統括部長 飯田実氏からのコメント

今まで当社が参画した約50カ所にのぼる公道実証・実装を通して、グリーンスローモビリティを利用した高齢者の方が笑顔になると感じていました。高齢者にとって、移動の自由は“クオリティオブライフ”上の重要な要素です。健康と社会参画のきっかけとなりうるグリーンスローモビリティの可能性を今回の実証で確認することで、今後のさらなる利用の広がりに期待しています。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム