那須でドローン空輸サービスの実証実験 高原のコテージへ食材やプレゼントなどを配送 来春には本サービスとして導入へ

VFR株式会社、藤和那須リゾート株式会社、ブルーイノベーション株式会社は、世の中におけるドローンの認知向上と正しい理解促進に向け発表した「Hello DRONE Project」第二弾となる取り組みとして、2021年11月17日(水)に、実際のサービスとして来春導入を予定している藤和那須リゾートでのドローン空輸サービスの実証実験を開始することを発表した。

ドローンの安全運航管理システムはブルーイノベーションの「Blue Earth Platform」を使用し、使用機体は「A C S L-PF」と「PRODRONE PD6B-Type3」の2機となる。


「Hello DRONE Project」実証実験概要

2022年春サービス提供開始を目指し、広大な敷地に点在する各コテージへ向けて、食材やプレゼントなどをドローンで空輸するサービスの実証実験を2021年11月17日~2022年12月まで実施する予定。この実証実験での検証を経て実際に提供するサービス内容を決定する。また、2021年12月から一般モニターにも参加してもらう予定。モニターの募集は近日中に公式SNS(Twitter、Facebook、Instagram)にて告知する。



実証内容

ドローン空輸を通じた下記サービスの提供する。空輸時間約3分・空輸距離約894m。また、2kg程度までは「A C S L-PF2」、それを上回る重量の場合は「PRODRONE PD6B-Type3」を使用予定。

1.TOWAピュアコテージ既存飲食メニュー(ピザ、BBQ用食材)

2.サプライズプレゼント(婚約指輪、乾杯用ドリンク ※ノンアルコール)

​「ACSL-PF2」
災害時の調査や支援物資輸送、ビジネスでの物流・宅配、インフラ点検など、様々な用途にあわせて機能拡張ができる純国産のプラットフォーム機体。



「PRODRONE PD6B-Type3」
国内で初めてドローン配送事業の本格運用に採用された最新機体。高い安全性、前方衝突防止機能など高い適応性と安定したフライトを実現した。国土交通省の飛行許可申請Level3にも対応している。




実施の経緯

ドローン元年と言われた2015年から5年が経ち、よりドローンは一般的になり、ドローンを使った実証実験が多く行われている。そんな中、同プロジェクトは、ドローンの認知向上と正しい理解促進に向け、特に「エデュケーション」「エンターテイメント」「ショッピング」へのドローンの活用を推進するプロジェクトとして18の賛同企業と共に2021年10月26日に発足した。「Hello DRONE Project」第一弾では、趣旨に賛同する各社が共同で、ドローンが人々の「ライフ」に寄り添っていくための取り組みを行っていくことを発表した。

18の賛同企業

第二弾では主に「エンターテイメント」にフォーカスし、ドローンが世の中の生活者と楽しく共存していける未来を目指していく。経済産業省関東経済産業局がSUNDRED株式会社と推進している「令和3年度 越境人材を中核とした新産業共創エコシステム構築事業」の一環として、那須地域におけるドローン産業の共創プロジェクトとしてスタートした。VFRと藤和那須リゾートを中心とした共創の対話を経て、ブルーイノベーションがPF2のドローン運航システムを提供する形で始動する。

今回の実証実験はVFR株式会社・藤和那須リゾート株式会社・ブルーイノベーション株式会社が主催し、上記の企業が協力する

今回の実証実験は那須地域で国内最大規模のリビングラボの構築やワーケーションの推進を行う「ナスコンバレー構想」と同じ那須の挑戦の一要素でもあり、藤和那須リゾートの広大な敷地内で課題となっていた物流問題を解決する手段、また災害時に迅速なドローン活用を行える環境作りとしても期待しているという。

ナスコンバレー構想とは
那須地域の特性にあった形でイノベーションの社会実装を進めていくリビングラボを構築する構想で、シリコンバレーになぞらえ「ナスコンバレー」と命名。これまで各地で行われていた実証実験をナスコンバレーへと集約させる中で、VFRのFounder / 取締役チェアマンでありSUNDRED代表取締役の留目真伸氏が中心となってドローン産業の共創プロジェクトをナスコンバレーへ持ち込んだ。


TOWAピュアコテージについて

TOWAピュアコテージは北関東最大級の遊園地「那須ハイランドパーク」と、約30万㎡の広大な敷地と自然をいかした動物ふれあいテーマパーク「那須高原りんどう湖ファミリー牧場」、日本最大級の「那須の森の空中アスレチック『NOZARU』」のオフィシャルホテル。別荘地全体の敷地面積800万㎡の中に「コテージタイプ」(全72室2LDK・82㎡・西欧製暖炉付)に加え、2017年以降、多種多様なタイプの客室(ゲストルーム)を新たに開設してきた。プライベート空間が満喫できる別荘タイプの「リゾートハウス」、期間限定で楽しめる「グランピング」、斬新なデザインの「デザイナーズハウス」、ワンちゃんと心ゆくまでリラックスできる「WITH PETシリーズ」など、全197室を用意している。

今回、那須ハイランド全体を見わたす事が出来る千景台のリゾート施設をプロジェクトに使用し、エンタメと実証実験の両立を図る。部屋に入ってすぐに視界一面に飛び込んでくるのは吹き抜けの大きな窓から那須野が原を一望できる大パノラマ。見下ろすTOWAピュアコテージのレストランから飛び立つドローンが徐々に近づいてくる姿はライフイベントの演出の効果を盛り上げる。また、一定期間継続的な実証を重ねる事で来年春のサービスインを目指す。





藤和那須リゾートにおけるの今後の事業展開について

『藤和那須リゾートでドローンの空輸サービスを利用できる』という認知を広めるため、今年12月にはSNS等の公募による一般無料モニターを募集し、PR動画撮影を行う。今回実証を行うドローンによる食材の搬入やサプライズプロポーズの他にも、誕生日祝い・還暦祝いなど、老若男女を対象とするドローン演出が可能。雄大な四季折々の景観に恵まれ、東京から日帰りで行ける日本有数のリゾート地としての、ブランド力向上を図る。

今後は、ウェディング企画会社との協業で演出としての技術提供や、ドローンを使用した空中アート演出、動画撮影サービスの展開も構築予定。なお、引き続きHello DRONE Projectの趣旨に賛同いただける企業や自治体、団体を募集している。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム