イオン宮崎店でピーマン自動収穫ロボットを実演展示 農業のSDGsを実現するためイオン九州とAGRISTが連携

イオン九州株式会社とAGRIST株式会社(以下、アグリスト)は持続可能な農業を実現するための取り組みを連携してイベントや商品開発などを行うことを発表した。その取り組みの一環として、10月2日(土曜日)から2022年6月末日(予定)までイオン宮崎店でピーマン自動収穫ロボット「L」を展示する。また、10月2日(土曜日)と10月3日(日曜日)にはロボットによるピーマン収穫の実演を開催予定。展示・実演には誰でも参加可能。


連携への背景・取り組み

イオン九州とアグリストは農業の人手不足という課題をテクノロジーで解決することに共感し、今回の企画が実現。宮崎の主要産業である農業を営む農家に対し、イオン九州は宮崎県産の野菜の販売を促進し、アグリストはその野菜を生産する農家が農業を続けられるよう、ピーマン自動収穫ロボット「L」を提供することで持続可能なまちづくりに貢献していく。そして宮崎を原点とし、日本そして世界の食料課題の解決に向けて様々な企画の実現を連携して行う予定。その取り組みの一環としてイオンスタイルでピーマン自動収穫ロボット「L」の展示を行う。



【実演時間】
10/2(土) 1.AM11:00~,2.PM14:00~,3.PM16:00~
10/3(日) 1.AM11:00~,2.PM14:00~,3.PM16:00~
※以降の週末も実演を行う予定。


SDGs達成に向けて連携

イオン九州とアグリストが連携することで下記のSDGs達成に向けて取り組みを推進する。

​(2)飢餓をゼロ…食料の安全確保と栄養状態の改善を達成するとともに持続可能な農業を推進する
(9)産業と技術革新の基盤を作る…強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに技術革新の拡大を図る
(11)住み続けられるまちづくり…都市と人の居住地を包摂的・安全・強靭かつ持続可能にする
(17)パートナーシップで目標を達成…持続可能な開発に向けて実施手段を強化しグローバル・パートナーシップを活性化する



今後の展開

ロボットが収穫したピーマンを使用した商品開発などの取り組みにより、より多くの消費者に宮崎県産ピーマンを届けていく。また、ロボット導入推進により農家の所得向上とそれに伴う人手不足の解消を目指す。アグリストがグローバルに展開するイオン九州と連携することで世界の飢餓問題の解消に向けて活動を行う。

AGRIST 代表取締役 齋藤潤一氏のコメント

アグリストはSDGsへの取り組みとして農業ロボットの活用を中心とした持続可能な社会の実現を目指しております。また農業ロボットを活用することで人がハウスで働く時間を短縮し、イオン九州と連携することでSDGsへの取り組みを通して低炭素社会の普及と持続可能な農業の実現を推進してゆきます。冷暖房の利用時間を削減するなど低炭素社会の実現にも貢献できると考えております。まずはイオン宮崎店に訪れる皆様に、国内では類を見ないアグリストのピーマン自動収穫ロボット「L」を見ていただければ幸いです。たくさんの方のお越しをお待ちしております。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム