とのさまラボ、Pepper⽤イベント司会アプリ「とのリモート」発表!

Pepperアプリデベロッパーの「とのさまラボ」がPepperを司会としてイベントで使うためのアプリを発表しました。

tonosama

とのさまラボはPepper App Challengeで毎度ファイナリストに選ばれるデベロッパーで、その技術力、企画力に定評があります。

また実際にPepperを使ったイベントで多数場数を踏んでいるプロ中のプロでもあります。

そんなとのさまラボが今まで自分のために使っていたイベント向けサービスを一般公開ということになったのでした。

tono 2

システム概要としては、「イベントの司会に特化した簡単シナリオ作成やイベントに特化した会話アニメーション、懇親会⽤の乾杯機能など、さまざまな機能を実装しています。また、Pepper と直接通信を⾏うため、専⽤のサーバーは不要です。タブレットやスマートフォンを利⽤した外部からのコントロール、有線接続による安定したコントロールが可能です。(無線での利⽤も可能です。)」とのこと。

まさに臨機応変が求められるイベント、通信環境が読めない現場で使われていたサービスですね。

tono3

機能として以下が紹介されています。詳しくはプレスリリースをご覧ください。

 ・簡単シナリオ作成
 ・拡張アニメーション動作
 ・タッチコミュニケーション機能
 ・シナリオコントローラー
 ・専⽤サーバー不要
 ・豊富な⽀援機能

これさえ使えば誰もがとのさまラボなみのイベントができるってことですね!

このサービスは、イベント単位・年間契約での利⽤権の販売となるそうです。
興味のある方はロボットライブラリをどうぞ。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム