ハウステンボスが「変なホテル」に次ぐ新たな取り組み「ロボットの王国」を発表

長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」は、2016年7月16日に国内初のロボット複合施設「ロボットの王国」を誕生させることを発表した。これに先駆けて、プレオープンイベントをGWの4月29日から5月5日に開催予定だ。

ハウステンボスでは、光や花、ショーと音楽、ゲーム、健康の5 つコンセプトを軸とする王国シリーズを展開。さらに、近い未来ロボットが日常生活で活躍することが期待されるようになり、メインスタッフがロボットの”変なホテル”の誕生が昨年話題となった。そして、今年6つ目の王国として「ロボットの王国」が誕生する。店長と料理長がロボットの『変なレストラン』や体験型ミュージアム&ショップ『ロボットの館』など、ロボットと身近に触れ合うことができるコンテンツを取り揃えた国内初のロボット複合施設だ。

GWに行われるプレオープンイベントでは、コミカルな動きで魅了するロボットによるダンスショーや搭乗型ロボットの体験ブースなど「ロボットの館」の見どころの一部を体験することができ、話題の家庭用ロボット各種が並ぶショップもオープンし、大人も子供もロボットと触れ合って楽しむことができる。プレオープンイベントには、ダンスロボットの他、搭乗型ロボットや移動支援型ロボットなどが集結する予定となっている。


▽ 「ロボットの王国」概要

プレオープンイベント
期間 2016年4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)
場所 メイン会場:アトラクションタウン そのほか、場内各所
内容 ・ダンスロボットステージ…複数ロボットで魅せるコミカルなダンスショー
・搭乗型ロボット…操縦可能な搭乗型ロボットに乗って対戦ゲームを体験
・ロボットショップ…人気を集める家庭用ロボットたちの展示&販売
・ワンダーホイール…移動支援ロボットの試乗体験&販売ショップ
※そのほか、ソフトクリーム販売機「やすかわくん」や「変なホテル」でロボットが多数活躍中
グランドオープン
期間 2016年7月16日(土)~ 常設
内容 ・変なレストラン…200年後のレストランをテーマにした店長と料理長が取り仕切る未来のレストラン
・ロボットの館…①体験型ミュージアム ②ロボットショップ ③ロボット企業ブース 

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

PR

連載・コラム