シャープ公式サイトで「RoBoHoN(ロボホン)」へのチャレンジが紹介されています

シャープ公式サイトに「Challenge for Change シャープはチャレンジし続ける」というコーナーがあります。こちらに「RoBoHoN(ロボホン)」の紹介がされていましたのでご紹介。

(画像引用元:シャープ株式会社公式ページ

登場した時にみんなが驚いた「世界初のモバイル型ロボット電話」を商品化するための、様々な苦労やチャレンジが開発者により語られています。

商品コンセプトを固めるために調査を行い、議論を重ねた結果「5歳児の男の子」というキャラクターになったことや、ロボホン専用にカスタマイズされたモーターを開発したエピソードや、ロボホンとの自然な会話を実現するために、正解のない作業を繰り返したこと、動いた時に全体のバランスを取るために設計を変更したことなど、発売までに乗り越えてきた様々な苦労を読むことができます。

読んでみると、かわいいロボホンがもっと愛らしく見えてきますよ。

内容

・モバイル型ロボット電話というコンセプト
・モバイル型ロボットの製作は初めて
・正解のない作業を繰り返す
・機能(ハード)+感情(ソフト)=モバイル型ロボット電話
・課題を一つ一つクリア
・ココロ、動く電話。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。