本日公開!待望の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」観てきたよ!



待望のスター・ウォーズ最新作、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が本日12/16、全世界で同時公開されました。

もちろんロボスタ編集部「映画研究会」会員として、初日に観ないわけにもいかず、仕事を早々に切り上げて観てきましたよ!(自腹で)



sw01

3DのIMAXです!



sw02

映画館にはSWグッズがたくさん!




どんな映画?

ネタバレするわけにも行かないので、公式サイトのストーリー紹介から一部抜粋。


銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。
その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。


当作品は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の直前を描いたアナザー・ストーリーの第一弾という位置付けとなっています。




映画の見所

人によって見所は違うかもしれませんが、ロボスタ的には今作で初登場となるドロイド「K-2SO」がなんといっても見所です。

スター・ウォーズ新作「ローグ・ワン」に登場する「K-2SO」に注目!として、記事も書きましたが、ついにそのドロイドにスクリーン上で会えるんですから!



sw1

Photo: Lucasfilm Ltd. / Disney

K-2SOは、当初帝国軍のセキュリティードロイドだったところ、後に反乱軍に捕らえられ反乱軍向けにリプログラムされたという設定になっています。


セキュリティードロイドだった経歴があるからなのか、K-2SOは、C-3POのように感情的なキャラクターではなく、落ち着いたキャラクターになっています。個人的にはK−2SOの程よいチャーミングさが大好きになりました。




超オススメです!

以下公式メイキング動画見てるだけでも、いかにこの映画が特別な作品なのか、伝わるかと思います。


作品自体は、過去のSW作品のファンなら必見なのは言うまでもなく、仮にSW作品を一度も観たことがない人であっても、その映像美には感動すると思います。素晴らしいエンターテインメントでした。



sw03

劇場には初日ということもあって熱烈なファンも。

年末・年始の映画として、イチオシです!



sw04

ついつい毎回買ってしまうキャラクター入りのカップ。K-2SOを選びました!



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム