「ロボカップ2017名古屋世界大会」のプレイベント「Touch the Robot」が1月末に開催、各種ワークショップも実施

1月28日(土)、29日(日)の2日間、名古屋市の松坂屋名古屋店南館1階オルガン広場にて、「ロボカップ2017名古屋世界大会」の開催半年前イベント「Touch the Robot」が開催される。

ロボット工作・プログラミング教室、ロボカップ体験コーナー等が実施される他、PepperによるロボカップのPRやヒューマノイドロボットの展示、コミュニケーショントイロボットの体験会も予定されている。

「ロボカップ2017名古屋世界大会」は、2017年の7月に名古屋で開催されるロボカップの世界大会。1997年に第一回大会が名古屋で開催されて以降、世界各地で開催された同大会が、20年ぶりに名古屋で開催される。

ロボカップは「2050年、人型ロボットでワールドカップ・チャンピオンに勝つ」ということを一つの目標に掲げて進められている。いくつかの競技種目が設けられており、一番歴史の長い「ロボカップサッカー」ではロボット同士のサッカーの試合を見ることができる他、災害時のロボットの働きを競う「ロボカップレスキュー」、日常生活でのロボットの活用を目指して行われている「ロボカップ@ホーム」など、各種種目を通じてあらゆる角度からロボットの最先端のテクノロジーを見ることができる。

また、愛知県は、2020年に開催されるロボット五輪改め「World Robot Summit」の開催地にも選ばれており、今後の愛知県全体でロボット熱ますます高まっていくことが予想される。そういう意味でも、隣県の方々には、今回の半年前イベントを体験し、ロボットへの理解や関心を高めていってもらいたい。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム