シャープ、リコー、明治座、エヴィクサー、”音響通信”で制御するロボットでの外国語ガイドサービスを開始

シャープ株式会社、株式会社明治座、株式会社リコー、エヴィクサー株式会社は、日本で初めて「人の耳には聞こえない透かし音(非可聴音)」を用いたコミュニケ―ションロボットによる外国語ガイドサービスを訪日外国人観光客向けに2017年1月16日から、明治座館内で開始する。

本サービスは、明治座インバウンド向け公演「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」を観劇するために訪れる訪日外国人に対して、コミュニケ―ションロボットRoBoHoNが外国語で同公演の内容や明治座の歴史、明治座館内で販売されるお土産や館内設備をご案内するというもの。


スクリーンショット 2017-01-10 17.53.13
館内に設置されたブースでは、公演のプロモーションビデオに同期してロボホンがプレゼンテーションを行う。また、館内の随所に配置された音波ビーコンから発せられる非可聴音をロボホンが取得することにより、ロボホンの位置を高精度に測位することが可能。これにより、来場者がロボホンを持って館内を歩けば、場所に合わせて、店舗や設備などの説明をロボホンが行うという。

本取り組みは、明治座が公演の主催と館内のお客様向けサービスの提供、シャープがロボホンのアプリケーションを開発・提供、リコーが音波ビーコンと位置情報サービスの仕組みを開発・提供、エヴィクサーが音響通信技術を開発・提供している。

4社は、インバウンド市場が拡大する中、本企画により、ICTを用いた「日本文化」の発信に貢献していきたいと語っている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。