【Tapia】MJI、トニー・シュウ氏と永守知博氏の代表取締役2名体制へ

みまもりコミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」を企画・開発・販売する株式会社MJIが1/27付で代表2名制となったことを明らかにした

かねてより代表取締役社長を務めてきたトニー・シュウに加え、永守知博氏も代表取締役となり、2名代表の新体制となるという。



mji tapia

MJI Tapia

今回新たに代表取締役となった永守知博氏の略歴は以下の通り。


氏名
 永守 知博(ながもり ともひろ)

学歴
 明治大学大学院卒(電気電子工学専攻)
 Suffolk University MBA 卒(Finance 専攻)

略歴
 富士通株式会社でメカ設計エンジニアとして勤務後、留学し MBA 取得
 MBA 取得後、日本電産グループ各社で勤務
 2009年4月、
  エルステッドインターナショナル株式会社を設立し、代表取締役 社長に就任(現任)
 2015年7月、
  株式会社 MJI をトニー・シュウと共に設立し、共同創設者兼取締役に就任
 2017年1月、
  株式会社 MJI 代表取締役に就任(新任)

永守氏は、「これまでは一歩引いた役割での動きをしてきましたが、Tapiaの成長を感じていくに連れ、楽しくわくわくするロボットとの生活をプロデュースする仕事の醍醐味を更に深く楽しみたくなり、この度の代表取締役就任となりました。」と語る。

トニー氏からもコメントをいただいた。「この度、株式会社MJIは代表取締役2名の新体制となりました。本体制のもと、技術開発のさらなる促進、ファイナンス及びガバナンスの強化を行い確固たる経営基盤を構築し、日本発のグローバル展開を加速させて参ります。」

今後、トニー氏と永守氏、二人の経験を活かしたTapiaのビジネス展開が楽しみだ。また新しいニュースが入り次第お伝えしたい。



nagamori nakahashi

ロボットスタートに来ていただいた時に撮影した、永守氏と筆者とのツーショット。


僕はこう思った:
『変なホテル2号 舞浜東京ベイ』の客室に導入が決まったこともあり、今後さらにTapiaの法人への導入が加速していきそうな予感がします。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。