トヨタのコミュニケーションロボット「KIROBO mini(キロボミニ)」が届くまでにチェックしておきたいこと

昨日から予約が開始されたKIROBO miniですが、皆さん予約しましたか? ロボスタ編集部ではもちろん予約済みです。


なお公式サイトによれば「現在、一部のお客様に予約完了メールが届かない事象が発生している。」とのこと。注文予約WEBサイトの右上「予約内容を変更・キャンセルする」で予約内容の確認が出来るとのことなので、もしメールが届いていない方はチェックしてみてください。


さて。今回はKIROBO miniが手元に来るまで、事前にいろいろチェックしておきたいことをまとめましたのでご覧ください。




注意事項

まず購入時に確認を求められる事項についてみてみましょう。



運転中の操作は禁止

ドライバーは運転中に、KIROBO miniを操作すること、会話機能を使うこと、また運転の妨げになる場所に置くことなどが禁止されています。これはスマホの操作やナビの操作も同じで、運転に集中してもらわないといけないということですね。KIROBO miniを車に載せたとしても、ドライバー以外の方が使いましょう。



他Bluetoothデバイスとの関係

またKIROBO miniはスマートフォンとBluetoothで接続されるため、他のBluetoothデバイスを同時使用すると不具合がある可能性が注意事項として掲げられています。KIROBO miniを使う場合は他のデバイスを一旦使わないようにするなどして回避することが必要かもしれません。これについてはデバイスごとの相性などもあるので実機入手後、検証したいと思います。



対応しているスマートフォンは?

予約時に確認しているはずですが、もしこれから購入する方は「KIROBO mini動作確認済端末・OS一覧」を確認してから手続きしましょう。「正常に動作しない事が確認されている端末一覧」に該当する場合、アプリもダウンロードできないと書かれています。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。