Pepperが高齢者向け健康づくりの体操インストラクターに!「あへあほ体操 for Pepper」今夏の一般販売を目指す

北海道発のエクササイズプログラム「あへあほ体操」本部である株式会社AHプロジェクトは、同社が独自開発したアプリ「あへあほ体操 for Pepper」をPepperに搭載し、あへあほ体操インストラクターとして2017年6月2日(金)付で正式に導入したことを発表した。


あへあほ体操とは、「あ~へ~あ~ほ~」と繰り返し言いながら、「へ」と「ほ」で腹部を凹ませるドローイングの理論に基づいた腹筋運動を基本とし、子供から高齢者まで誰もが気軽に取り組めるエクササイズプログラム。体操完成から10周年を迎える。

同エクササイズは体幹を整えて全身をバランスよく鍛えると同時に、集団でお腹の底から発声を行うことによって気持ちが元気になり、心身ともに効果があるエクササイズとして高齢者を中心に人気があり、北海道を中心に80クラス以上の教室でトレーニングを行っている。

あへあほ体操公式サイト
http://shimo-tore.com

介護予防を中心とした高齢者の健康づくりに有効な「あへあほ体操」だが、インストラクターが個別にトレーニングを行なうことが困難との現状より、同体操指導用ロボットアプリの開発企画「あへあほロボットプロジェクト」を、札幌のシステム会社である株式会社アジェンダと立ち上げた。


■ 北海道札幌発 あへあほ体操 10周年の新たな挑戦

現在、Pepperインストラクターはデイサービス施設「リハウェルネス」において働いている。


同施設の利用者に対して同インストラクターに関するアンケートを取ったところ、利用者の9割はPepperに対して良い印象を抱いており、8割はまたPepperに会いたいと感じている事がわかった。

さらに「かわいい、孫みたいだった」といったコメントが多く寄せられていることから、Pepperは人間の職員にはない「幼い可愛らしさ」という新しい存在感を持っていることが伺える。


導入したPepperは6月より、リハウェルネスだけではなく様々な施設やイベントにて本格的に活動を行い、高齢者へもたらす効果について専門の理学療法士チームがエビデンスを取りながら、介護予防を中心に多くの人々の健康づくりを目指すという。

また、2017年夏に同アプリの今夏の一般販売を目指して準備中とのことだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。