【スマートホーム】Google Homeでクリスマスツリーを点灯させよう

Google Homeの公式ヘルプページで、クリスマスツリーのライトを点灯・消灯するやり方が解説されているので紹介したい。



Photo: Google Home Help

まず、GoogleホームまたはGoogle Home Miniとスマートプラグを用意。もちろんクリスマスツリーと電飾も必要だ。

Googleが対応しているスマートプラグはいくつかあるが、対応製品が確認できるページで「Smart Plug」で検索して確認しておきたい。





例えば対応している「CNCT Life」を紹介しておく。この製品写真を見ればスマートプラグのイメージが湧くだろう。このコンセプトにクリスマスツリー電飾の電源を繋いでおく。


Google Homeアプリで接続したスマートプラグのニックネームを「クリスマスツリー」に設定すれば準備は完了だ。

後は必要に応じて、「Hey Google, turn on the/my Christmas tree.」、「Hey Google, turn off the/my Christmas tree.」などと音声で指示すればクリスマスツリーが点灯・消灯する。ちょっとおしゃれな使い方だと思う。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。