【動画】Google Home 12台に賛美歌を歌わせてみた

アップフロンティアによる技術情報サイト「ギャップロ」にてGoogle Homeの合唱の様子が公開されているので紹介したい。


昨年12月20日に行われた社内のクリスマスパーティーでイベントの1つとして、計12台のGoogle Home、Google Home Miniを組み合わせて賛美歌を歌わせてみたというもの。

音程や抑揚の再現はSSML (Speech Synthesis Markup Language)で細かく制御。ただし、レスポンスはSSMLタグ文字列含めて640文字制限があったとのことで、歌は途中で終わってしまう。

以下動画の28秒あたりから歌になる。


実は、12台のうち実際に動いたのは7台、稼働率約60%だったという。それでもなかなかインパクトのある合唱になっていると思う。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Google Assistant

ロボスタ / Google Home

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム