Apple HomePodの初回出荷分、イギリス・オーストラリアは売り切れ、アメリカはまだ初日ゲット可能

2018年2月9日(米国現地時間)、Apple待望のスマートスピーカー(AIスピーカー)、「HomePod」(ホームポッド)の出荷が開始される。

ロボスタでは既に以下のように、HomePodのオーダー状況を何度かお伝えしてきたが、出荷直前にもう一度販売国のApple公式ストアの状況を確認してみたい。



アメリカ

2月8日時点で「1〜2営業日で出荷」と表示されている。早ければ2月9日の初日出荷ということなのでまだ在庫があると考えて良さそうだ。

ちなみに価格は349米ドル、日本円でおよそ38,200円だ。



イギリス

2月8日時点で「2月14日に出荷」と表示される。2月9日の初回出荷分は売り切れている。

ちなみに価格は319ポンド、日本円でおよそ48,500円だ。



オーストラリア

2月8日時点で「2月12日に出荷」と表示される。2月9日の初回出荷分は売り切れている。

ちなみに価格は499豪ドル、日本円でおよそ42,700円だ。




HomePodが販売される3カ国ではイギリスがもっとも納期が遅く、オーストラリア、アメリカと続く。アメリカがもっとも潤沢な在庫を用意していたということだろうか。

また日本円に換算した時の価格が最も高いイギリスがもっとも最初に売り切れたのは不思議ではある。



関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / HomePod

ロボスタ / Siri

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Apple HomePod / Siri fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム