不正駐車・マナー違反のごみ出し・不法投棄をIoTで遠隔監視!レオパレス21とKDDIと実証実験

「契約駐車場の不正駐車」
「時間外のごみ出し・不法投棄」

入居者にとって困りごとの上位がこれらだ。

快適で安心に暮らすため、 レオパレス21はIoTを活用してこれらの問題の解決に取り組む。(冒頭の写真はイメージ)

レオパレス21とKDDI 、 KDDI グループのアイレットは、 オプテックスとともに、IoTを活用した賃貸アパートの駐車場とごみ置き場の遠隔監視に関する実証実験を2018年3月26日より開始する。センサーからの通知によって、不正駐車や時間外のごみ出し・不法投棄に管理者が即時対応可能となる、としている。

この実証実験では、 埼玉県川口市にあるレオパレス21 管理の特定物件において、 駐車スペースに設置とた「地磁気センサー」によって駐車有無の検知を可能とする。駐車がある場合、 管理者に自動で通知される。
また、ごみ置き場の扉には開閉センサーを設置し、 指定時間外に開閉があった場合に管理者に通知されるしくみを導入する。 通知を受け取った管理者は、 既存のネットワークカメラで現場の状況を確認することができ、 時間外のごみ出しおよび不法投棄が監視可能となる。


なお、 監視状況はクラウド上に管理され、 パソコンだけでなく、スマートフォン等でもいつでもどこからでも確認することができる。 これにより、 管理者は物件を常に監視する必要が無くなり、業務の効率化になる見込みだ。

■ システム構成図


■ IoT活用によるマンションの不正駐車・ごみ出しの遠隔監視に関する実証実験 概要
実施期間 : 2018年3月26日から 2018年4月25日まで
場所 : 埼玉県川口市(レオパレス21管理物件、 1棟)
内容 : 駐車場の不正駐車監視と時間外のごみ出し・不法投棄監視に関する実証実験及び検証

(1)駐車場の不正駐車監視
未契約駐車場において、 駐車有無検知により不正駐車を遠隔監視します。 不正駐車検知時には、 管理者へメールで通知します。
(2)時間外のごみ出し・不法投棄監視
指定時間外に開閉を検知した場合、 管理者にメールで通知されます。 通知を受け取った管理者は、 既存のネットワークカメラで現場の状況を確認することができ、 時間外のごみ出しおよび不法投棄を監視可能となります。

■ 各社の役割
レオパレス21
・実証実験の場所提供、 および実証実験に伴う管理業務全般と評価
KDDI
・実証実験の取りまとめ
・システム全体設計、構築
・通信ネットワークの提供
アイレット
・AWS環境の設計構築
・センシングデータ連携アプリ開発
・ダッシュボードデザイン
オプテックス
・センサーの開発・提供、 構築

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。