【レビュー】本日予約開始!AIアシスタント搭載のソニーの新製品「Xperia Ear Duo」は”オープン”イヤーヘッドセット!LINE Clovaも使える

スマートスピーカーエバンジェリストの西田です。わーわー。
ソニーの新製品「Xperia Ear Duo」の体験会にいってきました! 商品をお借りできたので、レポートしたいと思います!
Xperia Ear Duoの機能については「【速報】ソニーが耳をふさがないイヤホン「Xperia Ear Duo」を発表!音声アシスタントにも対応」でも紹介しています。

会場の八芳園。商品発表のほか、ビーコンとXperia Ear Duoを使った庭園案内のデモが行われました。


Xperia Ear Duoって?

「Xperia Hello!」を発売しているソニーモバイルコミュニケーションズの製品で、スマートプロダクトと呼ばれるカテゴリーに分類されます。
このシリーズの前身である「Xperia Ear」は、ソニーエージェントテクノロジーというAIアシスタントを搭載していて、音声コントロールに対応していました。今回はどんな製品が発売されるのでしょうか?


これが、Xperia Ear Duo

「Xperia Ear Duo」は、ワイヤレスタイプのイヤーステレオヘッドセットで、ゴールドとブラックの二種類があります。

ゴールドの写真。ケースの色は黒い。

「Xperia Ear Duo」自体は、iPhoneとAndroidに対応。さらにAndroidの場合は、ソニーエージェントテクノロジーを使用した「Assistant for Xperia」というアプリをインストールする事で、ニュースやスケジュール、通知機能などを利用することが可能です。

実際に外で付けてみた様子。本体は耳の後ろに隠れるのでそんなに目立たない。

「デュアルリスニング」が最大の特徴で、通常のイヤホンは小型のスピーカーが耳の部分についていますが、Xperia Ear Duoは、その部分がドーナツみたいな形になっていて、外部の声が聞こえるようになっています。

装着にはコツが必要。カメラで見ながら練習できる画面も用意されています。

横から見たらこんな感じになります。

西田めも

耳たぶを引っ張りながらつけると上手く付けられるかも。そこまで重くないし、Xperia Earに比べると、確実に落ちにくいです。タッチパッドが耳の後ろに来るので慣れるまでは難しいかも。



ケースの大きさはこんな感じ。フタが改良されてる気がする。

ケースにはバッテリーを内蔵しています。本体をケースにしまうことで外出先などでも充電することが可能なのが嬉しいですね。

西田めも

ケースに入れると高速充電されるので凄く便利です。ケース自体がUSB-Cなのも個人的には嬉しいです。


LINE Clovaに対応!

さらに驚きの情報として、LINE Clovaへの対応が発表されました。 LINE メッセージの送受信を音声で行うことが出来るほか、LINE MUSICやLINE NEWS、翻訳機能などにも対応しているとのことです。(全てのClova対応スキルに対応しているわけではないとのこと。)

こんな感じで連携して使えます。

Clova対応のヘッドフォンは発表されていなかったので驚きですね!

西田めも

返答はクローバの声に切り替わるのでちょっとビックリ。ためしに、「クローバ、ぶんぶくちゃがま読んで」と、お願いしたら断られました。


開封の儀!

ロボスタにも1台お借りできたので、開封してみました!

パッケージはこんな感じ。

付属品はUSB-Cのケーブルと、サイズ違いのイヤーパッド

ケースから出すとこんな感じ

裏面。耳の部分にはスピーカーがなく、本体の音が穴から聞こえる

他の製品との大きさ比較。こうやって見るとケース大きいけど、なくさないし、いいと思う。

Xperia シリーズを並べてみました。


今日から予約開始!

2018年4月11日(水)から予約が開始されています。発売日は4月21日(土)です。
オープン価格ですが、ソニーストアでは29,880円(税別)となっています。

こうおもった

基本的に普通のヘッドフォンと変わらない感じで音楽を聞くことが出来ました。外部の音が聞こえるので、うるさいところで音楽を楽しむのには向いてない感じ。仕事中や電車の中などで使うと便利だと思います! 移動中や仕事中など、スマホに目を向けなくてもお知らせを通知してくれるのは本当に便利。周りの声を聞きながら使えるので、ゲームとかにも向いていると思います。


ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリスト/スマートスピーカーエバンジェリストとして活動中。