Amazon Alexa搭載のUltimate Ears BLAST/MEGABLASTがアップデート。Spotify Connectや2台以上の接続でステレオモード対応など機能強化

2018年4月19日、Ultimate Ears(UE)が自社スマートスピーカー「BLAST」と「MEGABLAST」に機能追加すると発表があった。

Ultimate Earsは米国のカスタムインイヤーモニターの音響機器を設計・製造するメーカーで、「BLAST」と「MEGABLAST」はAmazon Alexa搭載の高音質かつ防水かつバッテリー内蔵が特徴のスマートスピーカー。



今回追加された主な機能は以下の通り。


■Ultimate Earsアプリでの制御
Ultimate Earsのアスマホアプリからリモートでボリュームをコントロールできるようになった。またカスタムイコライザーを使って音質をパーソナライズもできるようになった。

■Spotifyなどでの音声制御(近日公開予定)
Spotifyでの音声制御に対応し、「Alexa、Discover Weekly」と呼びかけると音楽が聞けるようになる。

■Spotify Connect対応(近日公開予定)
Spotify Connect対応により、Wi-Fiを使用している場合、Bluetooth経由でペアリングする必要がなくなり、Spotifyアプリから直接音楽再生できるようになる。

■複数スピーカーのグループ化対応(近日公開予定)
最大8つのBLAST、MEGABLASTをグループ化できるようになる。2台以上の接続でステレオモードになる。

なお、現在BLAST、MEGABLASTはアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、オーストリア、ドイツで販売されている。価格はアメリカの場合、BLAST 229.99ドル、MEGABLAST 299.99ドルとなっている。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム