【米国】招待なしでAmazon Echo Lookが購入可能に!セルフィーやファッションチェックに対応

2018年6月6日よりAmazon Echo Lookが米国で一般販売開始となった。

Amazon Echo Lookは2017年4月に発表されていたが、発表後からずっと招待された人だけが購入可能なデバイスだったのだ。これが今日から誰でも購入可能になったというわけだ。



Amazon Echo Lookの特徴は、ファッションに特化していることにある。





ハードウェアはハンズフリーカメラを搭載し、4つのフラッシュ撮影向けのLEDが埋め込まれていることが特徴だ。

ソフトウェアにも特徴があり、自分の姿を360度の動画または静止画で撮影可能だ。これをアプリ上で保存できる。またスタイルチェック機能として、撮影した2つの写真のどちらが良いかをアドバイスしてくれる機能を持つ。


動画を見ると利用イメージが掴めるはずだ。

ロボスタでは以下Echo Look実機の紹介を含めて記事を掲載してきたので以下も参考にしてもらえればと思う。


Echo Lookの価格は199.99ドルだ。これはディスプレイ搭載のEcho Showが現在149.99ドルに値引きされているため、もっとも高価なEchoファミリーということになる。

Echo lookにしかないスタイルアシスタントとしての価値を感じられればおすすめの一台だ。

関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム