中国Baiduが新しい小型・低価格スマートスピーカー「小度(Xiaodu)」を発表!現在1,500円で販売中

中国Baiduが新しいスマートスピーカー「小度(Xiaodu)」を発表した。

先日Baiduはハイエンドスマートスピーカーの「Raven Hを販売不振を理由に製造中止したと報じたばかりだが、それとは別のラインのスマートスピーカーを用意していたのだ。



「小度」の特徴は手のひらサイズの小型筐体かつ、非常に低価格な点にある。重さはわずか280g、そして定価は249元(日本円でおよそ4,200円)、現在割引中でわずか89元(1,500円)となっている。





AI音声アシスタントはBaidu自社開発のDuerOSを採用。低価格ではあるが、今までの上級モデルとAIの中身は変わりがない。

また新たな取組として子供向けモードを搭載したという。子供向けの対応はAmazon(Echo Kids Edition)Google(Pretty Please機能)で先行しているが、今後中国スマートスピーカー市場でも採用が進みそうだ。





筐体の上部に4つのボタンがリング状に配されている。またLEDも筺体上部の中央が光るタイプだ。





CPUにARM Cortex A53クアッドコアを採用。小さい筺体ながら、2つのパッシブラジエーター、1.75インチのフルレンジスピーカーによる360度オーディオ再生、遠方からのウェイクにもこだわったという。


僕はこう思った:

キャンペーン価格とはいえ、1,500円とは驚きです。



関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / DuerOS

ロボスタ / Baidu

ロボスタ / 音声アシスタント特集


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム