暮らしに役立つロボットが大丸神戸店に集合! 8月1日から1週間

大丸神戸店は、暮らしに役立つロボットや最新の便利グッズ・知育玩具を取り扱う期間限定ショップ「ロボットライフ」を同店舗の1階メインステージ横特設会場に出店すると発表した。

会話機能をベースとして、暮らしに役立つ情報やユーモラスな癒しを提供してくれる「コミュニケーションロボット」や、2020年からのプログラミング必修化に向けて、子供が気軽に体験できる「プログラミングトイ」など、様々な機能とデザインを備えたアイテムをラインナップ。忘れ物防止などに役立つ「スマートトラッカー」など、日々の生活をちょっと豊かにする最新の便利グッズも並ぶ。

期間限定ショップ「ロボットライフ」に並ぶ商品は以下の通り。


Sota(ブルー) 税込156,600円

家庭でもオフィスでも活躍できるコミュニケーションロボット。楽しいおしゃべりができる会話機能や、外出先から離れた場所の様子を確認する見守り機能だけでなく、オフィスや店舗での商品PR等に活用できるプレゼンテーション機能も提供。


Tapia 税込105,840円

出かける時には最新の天気情報を伝え、リラックスしたい時や気分転換をしたい時には音楽をかけてくれる。傍に寄り添い、サポートするライフパートナーロボット。


Palmi 税込321,840円

人間同様に学び成長し、自発的なコミュニケーションを取ったり、自律した行動をすることができるAI(人工知能)搭載ソーシャルロボット。顔認識機能搭載で、自発的学習機能も搭載。


Tile Mate 税込3,110円

あなたの大切なモノを見つけてくれる小さくてパワフルなトラッカーのTileは、あれ?どこ行った?を解決してくれる。スマホのアプリからTileを鳴らすことが出来るので、スマートフォンが見つからないときはTileのボタンを押してスマートフォンを探すことも可能だ。


nemonic 税込17,064円

パソコンやスマートフォンに保存したメモや写真を、いつでもどこでもBluetooth接続で印刷できるメモプリンター。


Smart Numbers 税込5,184円

タブレットと組み合わせて使用することで、子どもたちは遊び感覚で数の数え方から、足し算・引き算の計算まで感覚的に学ぶことができる、モンテッソーリ教育の考え方を元に作られた知育教材。


今回は2018年に大学を卒業した新入社員を中心に、若手メンバーが販売スタッフとして店頭に立つ。「デジタルネイティブ」とも言われる若手社員たちが「お客様をしっかりサポートしつつ、ロボットの魅力を存分にお伝えします」と大丸神戸店。

開設期間は8月1日(水)から7日(火)を予定している。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム