米ノースイースタン大学がキャンパス内にEcho Dotを設置

2018年9月4日、米ノースイースタン大学のボストンキャンパスの公共スペースに60台以上のEcho Dotを設置したと発表した。



単なるEcho Dotを設置したというわけではなく、N-poweredが開発した「HUSKY HELPER」と呼ぶスキルを搭載したものになっている。

学生は寮、教室、管理ビル、学生センダーなどに設置されたEchoを使って「Alexa Ask Husky Helper…」のあとに続けて、授業、事務手続き、図書館、その他学校生活に関する250種類ほどの質問ができる。

大学へのスマートスピーカー導入事例として、ノースイースタン大学の他、セントルイス大学、アリゾナ州立大学でも進められており、今後日本の大学でも同じような取り組みが行われるのか注目したい。




Source:northeastern.edun-powered

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム