JR東日本、AIを用いた案内システム「勝手に案内所!」の共同実証実験を池袋にて来年実施!

株式会社Nextremerと、JR東日本グループは、AI対話システム「minarai」を用いた案内システム「勝手に案内所!」シリーズの実証実験を発表した。

「勝手に案内所!」シリーズは、話しかけるだけで施設情報や目的地までのアクセスなど、手軽に情報を得ることができるデジタル案内所サービス。AI対話システム「minarai」が搭載されており、ユーザーの発話理解と自動応答を可能にしている。​

今回の実証実験は、案内業務における人間のサポートをAIが実施することで、企業が抱える業務効率化や人員不足等の課題解決や顧客満足度の向上を目指す。そのほか、システムの安定稼働や雑音が多い公共の場での音声認識精度の検証も行われる。

「勝手に案内所!」の実証実験は、2019年1月21日(月)~3月15日(金)まで行われ、JR池袋駅南改札内に設置される。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム