【CES 2019】BMWが中国アリババ「Tmall Genie」搭載モデルを発表!

2019年1月7日、BMWグループがCES 2019で中国アリババの音声アシスタント「Tmall Genie」搭載モデルを発表した。

BMWの車載システムにアリババのTmall Genieをシームレスに統合し、中国市場に投入するという。これによりドライブ中に音声でさまざまな指示ができるようになる。具体的な例として映画のリストをチェックしたり、お気に入りのプレイリストを聞いたり、目的地の天気をチェックしたりできるという。また何百ものTmall Genieスキルが利用可能で、車内のディスプレイを使ったビジュアルな表示もされるという。



2019年末までに中国のBMWオーナーが利用可能になる予定だという。



なおすでにBMWグループは自社のBMW ConnectedとTmall Genieとの連携機能を2018年より進めており、自宅のTmall GenieスマートスピーカーからBMWの残燃料確認、ドアロックなどのリモートサービス制御、予定確認、ルート確認などができるようになっていた。



Source:BMW Group



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム