海外渡航者向けに紛失防止タグ「MAMORIO S」を半額で提供 羽田空港国際線ターミナルにて

MAMORIO株式会社は、海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」を提供する株式会社ビジョンと提携を結び、海外の出張や旅行で出かける方を対象に紛失防止タグ「MAMORIO S」を小売希望価格の49%OFFの1,980円(税抜き)で提供することを発表した。

MAMORIO Sは、MAMORIOと同じ機能を持ちながら小型・軽量化が行われた上位モデル。従来品と比較し電池が約2ヶ月分長く使用することができ、Bluetoothの有効範囲も30mの倍である60mへと拡張されている。通常価格は3,980円(税抜)。



MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを活用したタグを付けるだけで、スマートフォンにて置き忘れ防止アラートが通知され、紛失場所の地図表示またはユーザーの相互捜索によるクラウドトラッキングで無くしたものを見つけることができる紛失防止IoTデバイス。平均8〜10ヶ月間利用することができ、Bluetoothの有効範囲は30m(電池は、利用環境によって短くなる場合がある)。

クラウドトラッキング機能とは、MAMORIOのアプリをスマホに入れているユーザーがMAMORIOをつけた落し物にすれ違った場合に持ち主に通知を送るという機能。この機能によりMAMORIOユーザーが増えるほど落し物が見つかりやすくなるという仕組みになっている。

同社は、2018年8月より一部の「グローバルWiFi」空港カウンターにて、MAMORIOのレンタル及び無料トライアルによるテストマーケティングを行っていた。その結果、一定のニーズが確認出来たことから、事業の推進に向けて販売を行うこととなった。

羽田空港 国際線ターミナル2階 到着ロビー グローバルWiFi 受取・返却カウンターで購入することができる。支払いはクレジットカードとPayPayのみの販売となる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム