inahoの野菜収穫ロボット、リリース直前の最新動画を公開、収穫時間が半減、スリム化、積載量は10倍

野菜収穫ロボットの開発を行うinaho株式会社は、最新バージョンの収穫ロボットのデモ動画を公開した。ロボットは2019年5月の正式リリースに向けて、より実用に耐えうる仕様へとバージョンアップされている。

公開された動画は、アスパラガスの春芽の状態の収獲風景となっている。春芽は一年の中でも一番アスパラガスが密集して発芽している状況だが、ロボットはその中でも安定して収穫できるように進化したという。

左が旧式、右が新型
進化したinahoの収穫ロボットは、1本を収穫するに当たり30秒ほどかかっていたのが、収穫時間は15秒と半減した。さらに、積載量が約10倍になり、47cmあった車体幅が39cmにスリム化。より多くの圃場に入りやすくなった。

inahoの収穫ロボットは、2019年5月にリリース予定で当初はアスパラガスに対応する。その後、同年の7月にきゅうりへの対応を予定しており、2020年以降にトマト、ピーマン、ナス等への対応を行う予定。inahoのロボットは一台で汎用的にさまざまな収穫ができることを目標とし、さらに作物の病害判定や土壌診断等の機能拡張ができる設計となってる。

inahoは野菜の自動収穫ロボットを軸とした農業プラットフォームを展開する鎌倉のベンチャー企業。2018年に自動野菜収穫ロボットが実際に収穫作業をしている動画を公開し、2019年1月には佐賀県鹿島市に支店を開設。様々なスタートアップピッチコンテストに参加し、優勝を残している。今後は九州エリアを中心に各地でロボット導入説明会を実施する予定で、本格リリースの準備を進めている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター

PR

連載・コラム