漱石アンドロイドが「吾輩は猫である」に登場した羽二重団子に一日だけやってくる 5/18(土)に8回のパフォーマンスを予定

二松学舎大学特別教授として活動中の漱石アンドロイドが、羽二重団子 本店にやってくる。

羽二重団子(はぶたえだんご)は文政2年(1819年)創業、200年の歴史を持つ団子屋さん。「芋坂の団子屋」と言われ、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』の中にも登場する。正岡子規はじめ多くの文豪に愛されたお店だ。漱石も団子などの甘いものが好きなことで有名で、子規の日記「仰臥漫録」にも登場することから、子規と友人関係であった漱石も知るところとなった、という説がある。

そして、羽二重団子 本店の5月18日(土)リニューアルオープンに合わせて、漱石アンドロイドが一日だけやってくる。更には8回の挨拶や「吾輩は猫である」の朗読などのパフォーマンスが予定されているというから楽しみだ。


◆漱石アンドロイドによるパフォーマンス(各回30分程度)
展示場所: 羽二重団子 本店 (JR日暮里駅近く) 東京都荒川区東日暮里5-54-3
https://habutae.jp/
5月18日(土)
第1回 9:30から
第2回 10:30から
第3回 11:30から
第4回 12:30から
第5回 13:30から
第6回 14:30から
第7回 15:30から
第8回 16:30から(最終)
※『吾輩は猫である』の朗読などを披露します。
※都合により変更になることがあります。




漱石アンドロイドとは

現在、二松学舎大学特別教授・夏目漱石として学生や生徒、また一般向けに出張講演などを行っている。学校法人二松学舎が、創立140周年記念事業として、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学大学院基礎工学研究科 石黒浩教授監修のもと制作。漱石の孫である夏目房之介氏や漱石が勤めていた朝日新聞社の協力もあり、2016年12月に完成した。ロボスタでは漱石アンドロイドについていくつか記事を掲載している。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム