オムロンが250kgまで自動搬送できる「モバイルロボット」を発売 上部面積が約2倍で大きなものも搬送できる

オムロンは、シリーズ最大の250kgまで自動搬送できる「モバイルロボットLD-250」を11月15日に、全世界で一斉発売したことを発表した。「LD-250」は、シリーズ最大の250kgを搬送可能。またロボット上部面積が従来の約2倍になったことで大型の部品やかさの大きい梱包材などの搬送作業が可能。


人がカートを使って移動させていた搬送作業を自動化「LD-250」

近年、日本をはじめ先進国では労働人口が減少し、新興国では人件費が高騰する一方、モノづくりの現場では多品種変量生産でも生産性を高め利益率を向上させることが求められている。

LDシリーズは、人や障害物を自動で回避しながら最適なルートを自ら考え、決められた場所に荷物を届ける搬送ロボット。今回発売された「LD-250」は、シリーズ最大の250kgを搬送可能。またロボット上部面積を従来の約2倍としたことで、大型の自動車部品やかさの大きい梱包材など、従来、人がカートを使って移動させていた搬送作業の自動化を可能にする。また、ペイロードの異なるモバイルロボットを1つのシステムで制御できる「フリートマネージャ」を使用することで、互換性やパフォーマンスを心配することなく、最大100台までのロボットを連携させて使用することができる。

オムロンは「LD-250」を加えたモバイルロボットLDシリーズにより、自動車、電機・電子、食品、日用品などのさまざまな業界において、搬送設備を固定することなく、需要の変動などに応じてフレキシブルに対応できる自動搬送システムを実現。モノを移動させるという単純・単調で重労働な作業から人を解放し、より創造的な分野での仕事に従事してもらうことで社会的課題の解決に貢献。

オムロン株式会社のインダストリアルオートメーションビジネスカンパニー ロボット推進プロジェクト本部長の山西基裕氏は次のようにと述べている。

オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー ロボット推進プロジェクト本部長 山西基裕氏
「オムロンは、2015年に、米国に拠点を置くロボット会社のAdept社を買収して以来、そのロボット技術によってお客様のフレキシブル製造が実現できるように、より多くのリソースを投入してきました。世界中の産業分野でモバイルロボットによる搬送作業の自動化が加速する中、今回の新商品LD-250はこのイニシアチブをさらに前進させるカギとなり、お客様に対してさらなる選択肢を提供できるようになりました」



同社は、12月18日〜21日に東京で開催される2019国際ロボット展に、LD-250を出展する予定。


新製品「モバイルロボットLD-250」の主な特長

高いペイロードと堅牢構造
LD-250は、オムロンのモバイルロボットLDシリーズの中で、最も重い250kgを搬送することができる。また従来品よりも頑丈な金属カバーで覆われているため、意図せぬ外部の衝撃やより過酷な作業に耐えることができる。そのため自動車産業のトランスミッションブロックやシート、ワイヤーハーネス、食品や日用品産業における梱包材など、従来人がカートを使用して行っていた、かさの大きいものの搬送作業を自動化することが可能。

高度な混合フリート
オムロンの「フリートマネージャ」は、ペイロードや性能の異なるオムロン製モバイルロボットを、最大100台まで同時に制御できるシステム。フリートマネージャを使用することで、互換性やパフォーマンスを心配することなくすべてのロボットを制御し、トラフィック管理、バッテリ管理、および車両ナビゲーションを最適化することができる。LD-250はこのフリートマネージャに簡単に接続でき、従来のオムロン製モバイルロボットとシームレスに連携。これにより複雑な搬送業務の自動化を実現する。

投資収益率(ROI)を向上
LD-250を使用することで、1回の搬送で今まで以上の分量を運べるようになり、ROIの向上につなげることが可能。既存LDシリーズのモデルと組み合わせて、最も効率的で柔軟な搬送システムを構築することもできる。

カスタマイズが可能
LDシリーズはカスタマイズ性に優れたモバイルソリューション。LD-250は上部にコンベアや搬送容器など、用途に応じた専用のマテリアルハンドリング機構と自由に組み合わせてカスタマイズし、お客のニーズにあった最適なソリューションを実現する。またLD-250は、パフォーマンスをさらに高めるための各種オプション(HAPS、サイドレーザセンサ、Acuity Localizationなど)も使用可能。


HAPS:High Accuracy Positioning System(高精度位置決めシステム)の略。
Acuity Localization:照明位置決め広角カメラオプション。頻繁に変化する環境でもモバイルロボットが位置推定できる方法を追加できる。
関連サイト
オムロン

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム