凸版印刷が高輪ゲートウェイ駅に多言語AI案内サイネージ「BotFriends Vision」導入 車いすでも使いやすくミライスピーカーも搭載

凸版印刷は2020年3月14日に開業したJR山手線「高輪ゲートウェイ駅」に、多言語AI案内サイネージ「BotFriends Vision(ぼっとふれんず ビジョン)」を提供することを発表した。導入場所は「高輪ゲートウェイ駅」内、駅改札内2階山手線乗り場付近。

今回「高輪ゲートウェイ駅」に導入される「BotFriends Vision」は、従来の物と形状が異なり、車いすでも利用しやすい高さ・画面幅に設計されている。同社は「駅利用者の利便性を向上させ、国内外からの利用者のおもてなしを支援します」とコメントしている。


コールセンターで培ってきたノウハウでバーチャルキャラクターが「おもてなし」

「BotFriends Vision」は、AIを活用した多言語案内サイネージ。凸版印刷が2018年11月より提供しており、過去にはJR東京駅や横浜駅で実証実験を行い、AIとバーチャルキャラクターの遠隔操作を組み合わせた駅案内の有用性を検証してきた。



チャットボットプラットフォームは凸版印刷の「BotFriends」を活用。用意された質疑応答集の通りに回答するのではなく、行動経済学と凸版印刷がコールセンター対応で培ってきた顧客対応ノウハウに基づき、利用者の気持ちに寄り添った「おもてなし」対応を可能にする。

また、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」を搭載しており、高齢者や大勢の人混みの中でもクリアな音で案内が可能。

ミライスピーカーとは、、、
株式会社サウンドファン開発の広く遠くまでクリアに言葉を届け、高齢者を含む多くの人に聴き取りやすい音のバリアフリースピーカー。従来のスピーカーが「コーン」と呼ばれる板を振動させて音が発せられることに対し、ミライスピーカーは「弧を描くように湾曲させた板」から音を発生させる。この音が特許技術「曲面サウンド」。雑音下でも、クリアな音声を広く遠くまで届ける。

同サービスの多言語対応のAIチャットボットは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のニューラル機械翻訳(NMT)エンジンなどを使用。音声やテキストでの翻訳ができる。今回の高輪ゲートウェイ駅の実地検証においては、日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語に対応している。

「BotFriends Vision」は画面上に表示されたバーチャルキャラクター「小石川 彩」を遠隔地から操作することで、遠隔地にいてもインタラクティブなやり取りが可能。普段はAIチャットボットが対応し、呼びかけがあった場合に遠隔操作に切り替えることで少人数での効率的な案内・接客ができるが、今回「高輪ゲートウェイ駅」ではAIチャットボットによる自動応答のみの提供になる。

凸版印刷は、「高輪ゲートウェイ駅」のコンセプトである「グローバルゲートウェイ品川」の実現に向けて、「BotFriends Vision」を始めとしたさまざまなサービスを提供していく。また、さらに拡大が見込まれる国内インバウンド市場に対し、日本文化の魅力を伝えるコンテンツ制作や、省人化、多言語対応などの社会課題の解決に貢献していくとしている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム